オール電化で省エネ対策

オール電化は本当に省エネに貢献できるシステムでしょうか

近年は環境問題についての関心が世界的に高まっています。環境問題の中心的な課題としては、有害物質を排出しないということが挙げられますが、それだけではありません。環境そのものを保持するということに加えて、私たちの暮らし自体を担うエネルギーをどのようにして保持するかということも考えなければならない課題であるのです。私たちが普段の暮らしの中で電力を使用できるのは火力発電などによって電力会社が電気を生産しているからなのですが、この時に火力発電所ではその発電の際に多くのCO2を排出するとともに多くの化石燃料も消化してしまっているのです。つまり、環境問題と言うのは環境保全の問題とエネルギー資源保持の問題の両方を同時並行して取り扱わなければならないものだと分かるでしょう。それゆえに、環境問題に取り組むということは結果として省エネに取り組むということになります。

省エネと環境保全

この省エネということについては、世界や日本という大きな枠組みの範囲では無く、家庭や個人単位といった小さな枠組の中ででも取り組まなければならないものになっています。当然のことながら世界や国というのは、多くの家庭や個人の集合体です。それゆえに、一世帯一世帯が、個人個人が省エネ対策を行うことによって、世界や国単位での環境保全エネルギー資源保全に繋がるのです。

さて、家庭や個人で行うことのできる省エネ対策と言えばどのようなものがあるでしょうか。クールビズだとかウォームビズという言葉が流行ったように、空調設備を極力使用しないことが省エネにもなるでしょう。しかし、それだけではなくもっと手軽にそして効率の良い省エネ対策の方法があります。それが、オール電化です。

省エネへの効果

なぜオール電化が省エネ対策にとって効果があるのか、疑問に思ってしまうかもしれません。これについては、オール電化機器が効率の良い稼働を行ってくれることが大きな理由になります。オール電化の中核的な電気機器であるのが、エコキュートなどの電気給湯器になります。この電気給湯器は深夜に稼働することから、発電所が日中に作りだして余った電力を使用して稼働します。それゆえに、深夜に電力を使うということはCO2の排出を促さずに済むというメリットがあるのです。また、エコキュートやエアコンなどのヒートポンプ式で気温や水温に変化を与える機器の特徴として、それほど電力を使用せずに稼働できるという性能があります。このことによって、基本的な電気使用量そのものを減らすことができるのです。

空調設備や給湯設備は電気を使用しない場合、灯油やガスという地球上に限られた資源を使用することになります。その点でも、オール電化であれば有限的資源やエネルギーを使用しないものですから、大きな省エネ的効果を発揮できることを理解できるのではないでしょうか。これらの理由からも、オール電化は省エネを行うことができ、環境にも優しいのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク