オール電化の仕組みを知ろう!

ここでしっかりとオール電化について学びましょう

初めて自宅にオール電化を導入する場合、その設備がどのように活用されて効率良くエネルギーコストを下げてくれるのかいまいち分からないという場合があるのではないでしょうか。オール電化がお得であるとか環境に優しいという話はよく耳にするとは思いますが、その詳細については人伝の話などではあまり理解できないものです。しかし、いざ自宅にオール電化を導入するのであれば、やはりそれがどのような仕組みになっているのかをしっかりと把握しておく必要になります!

オール電化住宅とは?

オール電化は生活に必要な家電機器を全て電気で動くものにすることです。その中でも特に調理コンロ、空調設備、給湯機の三種類の機器を電気のエネルギーで稼働するものであればオール電化住宅と呼べるようになります。これらの機器を導入することによって、今まで使用していたガスコンロやガス給湯器もしくは灯油の給湯機、ガスファンヒーターなどを使用せずとも生活を営むことができますので、電気以外のエネルギー資源を一切使わなくても済むことになります。

少ない電力で稼働する

さて、このオール電化がなぜお得なのか、そして環境に優しいのかということについては、これらオール電化機器の特性電気契約方式の両面にその仕組みがあります。まずオール電化において一番のコストダウンを担ってくれるのが電気給湯器の一種であるエコキュートです。エコキュートは翌日に使う分のお湯を深夜に沸かし、それを貯水しておいてくれます。オール電化住宅においては深夜の電気単価が日中の電気単価に比べて半額以下になりますので、エコキュートはそのかなり電気単価の安い深夜帯に給湯を行いそこにかかる電気代を半額以下に落としてくれるものになるのです。また、深夜料金帯の電気は発電所の余り物の電気を使用していますから、新たに発電された電力を使わないというところが環境に優しいと言われている所以でもあります。それに、エコキュートの仕組み自体がヒートポンプ方式という少ない電力で稼働を行える特性を持っていますから、エコキュート単体の働きだけにフォーカスを当ててみたとしても省コスト、そして省エネを実現してくれるものになります。

ヒートポンプ形式

この省エネ性や省コスト性というのはエコキュートだけが担ってくれるものではありません。ヒートポンプ形式で熱を発生させるタイプの床暖房や、エアコンなどの空調設備であれば、エコキュートと同様に少ない電力で稼働してくれますし、これらのオール電化機器を一式そろえることによって、電力会社からオール電化割引のような電気代のサービスを受けることも可能になるからです。

オール電化の仕組みというのは、光熱費の削減と環境への配慮をその電気機器そのものの性能によって行える点、そして電気料金契約やオール電化割引などの制度面によって成り立っているということが分かります。この仕組みを充分に理解できれば、オール電化がとてもお得だと分かることでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク