メリットとデメリット

いいところも悪いところも知ってこそ、本来の性能を最大限に引き出せるものです

世間ではオール電化において、その賛否両論が議論されています。オール電化は素晴らしいという意見がある反面、その素晴らしい点にも欠点があると言われているのです。これからオール電化を自宅に導入しようと考えられている人、もしくはオール電化設備を搭載したアパートやマンションに移り住もうと考えられている方にとって、実際のところのメリットデメリットは何であるのかということはとても関心があるものだと思います。では、その点について考えてみましょう。

オール電化のメリット

オール電化のメリットとして考えられるのは、省エネ、低燃費、安全、そして環境に優しいという点です。省エネや低燃費の理由としては、オール電化で導入されるエコキュートなどの電気温水器が、電力単価の安い深夜に稼働を行ってくれますから電気料金そのものが低く抑えられます。そして深夜は発電所がそれほど稼働していない時間帯でもありますので、電力供給に対する負担をかけずに済みますから環境に対しても優しいものになります。また、ガスのようなエネルギーコストの高い資源を使用しない点についても、光熱費を安くすることに繋がります。また、安全性の点についてですが、従来の住宅のようにガスに依存した機器を使用していると、火災のリスクがかなり高いのは考えるまでもありません。それに加えて、ガスというのは有害な物質でありますし、独特の悪臭を放つことから人体への影響や精神的な落ち着きを阻害する面でもガスの使用は控えたいものです。その点、ガスに代わって家庭における様々な機器をオール電化で稼働させることができますから、火災や健康の心配をしなくても良い暮らしを送れるのです。

オール電化と太陽光発電のつながり

また、オール電化のメリットとしてもう1つ挙げる事が出来るのは、太陽光発電との連動です。太陽光発電は日中の電力を自宅で生産することができる画期的な電力供給方法であります。オール電化は生活に必要な機器の全てが電気製品であることから、自分の家で発電された電力だけで生活に必要な機器全てを稼働させることができますから、日中は電力会社に依存しなくても良くなるのです。

電力供給と電気代からみるデメリット

さて、ではもう一方のデメリットについてです。オール電化はエネルギーの供給を電力に一本化しています。それゆえに、電力供給がストップしてしまうような事態になれば全ての機器を稼働することができませんから、家庭においては致命的な状況になってしまうことになります。また、時間帯によって電気単価が変わってくる契約においても、深夜の電気単価が安い反面、日中の電気単価は割高になってしまいますから日中に電気使用量が多い家庭であれば返って電気代が高くついてしまう場合も考えられます。

しかし、これらのデメリットについては、先ほども述べた自家発電設備である太陽光発電を導入することや、その他の代替案をなどを用意して予め備えておけば、それほど大きな影響を受けるものでは無くなるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク