オール電化で節電が出来る?

電気だけしか使わないのに電気代が安くなる?

月々の電気料金を減らすことができると言われているオール電化。なぜ電気料金が減るのかということについては、家庭内で使用するエネルギーを電力に一本化するということで、その他のエネルギーを使う際に必要な基本料金や雑費を減らすことができ、そしてオール電化にすることで電力会社が行っている電気料金の割引をして貰うための特定の条件を満たすことができることや、価格の安い深夜料金帯に給湯などを行うことが挙げられるからです。しかし、実際のところオール電化で電気料金が減るのはこれらの理由だけではないのではないでしょうか。それは、オール電化にすることによって節電も出来ているのではないかという推測が成り立つからです。

深夜に稼働

電化製品ばかり使うオール電化なのに、なんで節電ができるのかと疑問に思ってしまわれるかもしれません。確かに、家庭内の主要な設備を全て電化製品にするのですから、基本的な電気使用量は以前と比べて多くなることは確かです。しかし、たとえ電気使用量が増えたとしても、環境への配慮という点では確実に節電ができているのがオール電化の特徴であるのです。それは電気を使用する時間帯が、オール電化住宅の場合深夜が中心になっているというのが大きな理由です。先ほども述べましたが、オール電化における給湯設備は深夜に稼働してお湯を沸かします。なぜ深夜電力が安いのかというのは、深夜に供給される電力と言うのは日中に電力会社が頑張って発電し終えた余り物の電力であるからなのです。このことが節電と何が関係しているのかと言えば、日中は地域一体の電気使用量が多い時間帯ですから発電所が盛んに活動して電力を生み出しているところ、その時間帯を避けて深夜に給湯器を稼働させることによって日中の発電所の電気生産量を減らせるということです。そのため、電気の使用量は増えたとしても、大きな目で見れば結果的に節電を行うことができているのです。

電気料金への意識

また、オール電化にすることで節電が行えるという理由はもう一つあります。それは電気使用に対してのコスト意識が上がるからです。家庭内で使用しているエネルギーが多様であれば、どの資源をどれだけ使用して、どれくらいの費用がかかったということは一々意識はしませんよね。しかし、オール電化にすれば電化製品を使用する度に電気料金の請求額が高くなるという意識に直結しますので、結果的に家電製品をそれほど使用しないようにする傾向になり、節電へと繋がるのです。

このように、オール電化というのはグローバルな視点で環境的な意味においても節電が行えますし、家庭内においても電気を使用することへの意識に直結させてくれるものなのです。最近では一個人でも環境問題への配慮が求められますから、その環境への配慮を家計の支出を減らすととも節電という形で行うことが出来るオール電化はやはり多くの家庭が取り入れるべき家電システムの在り方なのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク