システム(製品)代はどれくらいかかる?

各設備の価格の相場をご紹介します

住宅をオール電化にすることにおいて、一番の関心事項はその導入費用です。そして、導入費用の大部分を締めるのが工事費では無くオール電化機器のシステム(製品)代です。どの設備をどれだけ導入するかという点で、システム代は変わってきますが、ここでは平均的なシステム代がどれくらいかかるのかを紹介していきましょう。

IHヒーター

まず、調理器具の電気製品であるIHヒーターからです。IHヒーターは、ポータブルタイプであればそれほど高い金額はかかりませんが、キッチンに設置する家屋一体型であれば、少々費用が高くなります。一般的な家庭では、常日頃使用するコンロにポータブルを使用することはまずありえませんので、オール電化にする場合もIHヒーターはキッチンに設置するタイプのものが用いられます。この設置するタイプのものであれば、安くて20万円台、高くて60万円台のものがあります。平均的な価格で見れば、30万円前後を想定していれば問題は無いでしょう。

電気給湯設備

次に電気給湯設備です。最低限のオール電化設備のみの導入であれば、一番コストがかかるのがこの給湯設備になると思います。なにせエコキュートなどの設備は少し特殊なものですから、必然的にその値段も高いものになるのです。その値段としては、メーカー希望価格として80万円~100万円台のものが主流です。エコキュート費用だけで安い軽自動車が買える程の費用がかかりますから、ちょっと考え込んでしまう方もおられるかもしれませんが、エコキュートの省エネ性を考えると最初に支払った分だけのリターンを光熱費の削減という形で受け取ることができますので、それを高いと考えるのは少々早合点かもしれません。それに、エコキュートの販売をしている業者はほとんどの場合いくらかの値引きをしてくれるものですし、それに加えて導入時に国に申請を行っておくことで補助金を受け取ることができますので、実際の値段としてはメーカーの希望価格よりも数十万円安く購入できる場合がほとんどです。

床暖房や太陽光発電設備

この他にも家庭によってはオール電化に関連した設備を導入する場合もあると思います。床暖房設備であれば、大体60万円程度がそのシステム代でありますし、太陽光発電設備を導入する場合であれば150万円程度がシステム代になります。

これらを合算してみると、空調設備を導入せずにIHとエコキュートのみを設置する最低限のオール電化設備の購入であれば、大体100万円前後、それに付け加えて床暖房をプラスすれば160万円程度、それにさらに太陽光発電設備を設置すれば300万円前後のシステム代になるでしょう。基本的な家庭では、IHとエコキュートといいった最低限の設備のみを導入するケースがほとんどですから、システム代だけを見るのであれば、100万円くらいがかかると概算しておくので問題は無いと思います。ただ、これに工事費用やその他の雑費が加わる点には注意して下さい

スポンサーリンク

スポンサーリンク