電磁波の不安を検証

携帯電話からも出ている電磁波。人間にどのような影響があるのでしょうか

電化製品を使用する際に気になってしまうのは、その電化製品が発生させる電磁波ではないでしょうか。世間において電磁波は人体に影響を与えているのではないかという話もちらほらと聞かれます。これからオール電化を自宅に導入される方にとっては、家庭における機器の全てが電気を使用するものになりますから、必然的に電磁波に囲まれた生活になってしまうことでしょう。それゆえに、この電磁波への不安を抱いてしまう方も多いかもしれません。では、実際のところ電磁波は本当に体に影響を与えてしまうものなのでしょうか。その不安について検証したいと思います。

電磁波には高い周波数と低い周波数のものがある

まず電磁波というものが何なのかということから考えてみましょう。電磁波というのは電界と磁界の間に発生する波動であるとされています。この電磁波には周波数というものが存在しており、その周波数の波の感覚が長いか短いかによって様々な用途に使用されているものでもあります。具体的な用途としては、周波数の高いものであればレントゲンなどの医療機器に使用されていますし、周波数の低いものであればラジオなどの公衆電波として使用されています。この用途から気付かれると思いますが、電磁波というのはその周波数によって全く性質の異なるものになるということです。

周波数による人への影響は?

一般的にレントゲンで使用されているX線は多く浴び過ぎると影響があるとされています。しかし、ラジオなどの電波はそれほど人体に影響を与えるなどと認められていません。この両者が証明しているように、電磁波というのはその周波数によって人体への影響も変わってきます。トンネルなどの電波状況の悪い場所以外でラジオが聞けるように、ラジオの電波はそこら辺に飛び交っているものです。しかし、そのラジオの電波が原因で体調が悪くなったという話を聞いたことは無いでしょう。それと同様に、電磁波というものも全てが全て悪いものではないのです。

オール電化で使用する電化製品の電磁波は?

では、オール電化において使用される電化製品の電磁波というのはどのような種類のものか気になると思います。IHヒーターなどは電磁気によって熱を発生させますから、当然電磁波を発生させるものになります。しかし、その電磁波の周波数を確認してみれば長波というそれほど周波数の高くないものであることが分かります。それと同様の周波数よりもラジオなどに使われる電波の方が高い周波数であることからも、IHが発生する電磁波の人体への影響はそれほど無いということが理解できると思います。

家庭の電化製品はそれほど高くない周波数

電磁波は人体に影響があるということについて、IHをはじめとした家庭内で使用する電化製品が発生する電磁波はそれほど高い周波数を持ったものではないということからも、全くと言っていいほど当てはまるものではありません。それゆえに、オール電化を導入する上で家中が家電製品に囲まれるということについても、この電磁波の人体への影響を不安視する必要は全く無いと言ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク