エコキュートのメリットとデメリット

長期的な使用を視野にいれることで本当のメリットが見えてくる

エコキュートのメリットとデメリットを知る

どのような物事にも言えることですが、エコキュートにおいてもメリットデメリットがあります。世間的には偏った視点でエコキュートの評価を行っている場合が多く、エコキュートがこの上なく素晴らしいものだと言う人がいれば一方ではエコキュートはダメなものだと言う人もいます。しかし、エコキュートを導入することが自宅にとって利益をもたらすのかどうかは、メリットとデメリットの両者をしっかりと見極めてた上でなければ理解できないことです。そのようなことからも、しっかりとエコキュートの持つ良い面と悪い面の二つを見るべきだと思います。

エコキュートのメリット

ではまずエコキュートのメリットはどのようなものがあるか考えてみましょう。最初に思い浮かぶのは電気使用量の少なさではないでしょうか。エコキュートはヒートポンプ方式というエアコンと同じような熱発生方法を用いて給湯を行います。このヒートポンプ方式での発熱というのは、それほど電力などのエネルギーを使用しない方法であるため基本的な電気料金の縮小をもたらしてくれます。また、電気料金の縮小という点においては、ヒートポンプ方式以外の要素に深夜電力の使用が挙げられます。エコキュートは翌日に使用する分のお湯を前日の夜中に沸かすという特性を持っています。電力会社へ申請しておけば深夜電力が安くなるような電気料金プランに変更できますので、それによって安い時間帯に多くの電力を使う給湯を行え、かなりの電気料金削減へと繋がるのです。また、エコキュートの持つメリットはコスト面だけではありません。それはエコキュート自体が大きな容量を持っていることから、仮に災害や水道における配管の不具合などで地域的に水が出なくなったとしてもエコキュートが貯水タンク代わりになり、そこに貯まっている水やお湯を非常用として使用できることがあるからです。このように、エコキュートには低コスト省エネから、非常時の水源まで幅広いメリットがあると理解できます。

エコキュートのデメリット

それでは逆に、エコキュートにはどのようなデメリットがあると言えるでしょうか。これについては、導入費用の高さが真っ先に挙げられるかもしれません。エコキュートはとても精密な機器であり特殊なものであるため、その他の給湯設備の導入費用に比べて本体価格の値がかなり張ります。その費用としても数十万円から百万円前後にまでなりますので、なかなか即決即断で導入は決められないものであります。また、エコキュートは電化製品であることからも停電などの際にはお湯を沸かすことができないというのもデメリットの1つであるしょう。

総合的に考えてエコキュートは使用すべきか否か

さて、エコキュートのメリットとデメリットを総合的に考えた上で、結局のところエコキュートはお得なのか?使用すべきなのか?という疑問が浮かぶのではないでしょうか。それについては、きでると言いきることができます。なぜなら、デメリットの点であげた導入費用の高さというのは電気使用料金が少長期的な使用をするのであれば導入すべないという点でカバーできるからです。エコキュートの使用は月々の光熱費を大きく削減してくれることから、数年経てば導入にかかったお金をペイしてくれます。また、停電時において動作が止まるのはエコキュートだけではなく、その他の給湯設備も同様です。それゆえに、コスト面やその他のメリット・デメリットを総合的に考えたとしても、エコキュートは導入する方がお得であり、使用すべきものであるということが証明できるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク