給湯器の性能を知ろう

今や給湯器のない生活は考えられません

同じ自動車でも燃費や安全性能に差があるように、給湯器と一口に言っても、その機種ごとに性能差というものがあります。ここでは機能と性能の両面から、給湯器の性能差を考えてみましょう。

まずエコキュートの最大の特徴でもあるヒートポンプの能力について考えてみましょう。

エコキュートの貯湯タンクの容量

過剰能力になっても仕方ないので、自分たちのライフスタイルに合った「サイズ」を選ぶのが基本中の基本です。自動車の排気量にあたるのがエコキュートでは貯湯タンクの容量ということになります。大型のタンクを持つ機種ほど多くのお湯を貯めておける反面、設置場所が大きく取られると同時にイニシャルコストも高額となります。目安は各メーカーの提示するとおりですが、最小の250~300リットルのタンク容量でも2~3人家族の生活を賄える容量です。しかし、生活スタイルによっては湯切れを起こす場合もあり、それが昼間であれば割高な電力で湯沸かしを行うことになるため、せっかくの経済性が失われてしまいます。タンク容量は少しだけ余裕を持っておくことが長い目で見れば得なのかもしれません。日々の運用で調整することもできますが、せっかくのエコキュートがストレスのもとになってしまっては、導入の意義そのものが問われてしまいます。

タンクを設置する位置

エコキュートはメンテナンスも重要な機器ですから、いざ設置したものの作業を行うこともままならない位置ではあとあと困ったことになりかねません。故障時の対応などを含め、設置する位置にはこだわるべきでしょう。既存のスペースを上手に使うことで、大きな貯湯タンクでもコンパクトに設置することだってできます。

タンクの保温能力

エコキュートがお湯を貯める上で、そのタンクからの放熱ロスは非常に重要な問題です。特に寒冷地では夜間電力を主な動力源とするエコキュートの能力はタンクの保温能力に依るところが大きいのです。この点に注意して製品選択をするのも一つの方法です。

ヒートポンプの性能

機能面で見れば、保温、足し湯、追い炊きなどを自動でこなすフルオートタイプから、風呂の湯張りなど一部の機能のみ自動化されたセミオートタイプ。あるいはフルオートの上に床暖房から湯圧調整まで、考えうるあらゆる機を持つ多機能タイプや、給湯のみを行うシンプルなものまで様々です。もちろん何でもできればそれで良いというわけでもありません。

機械は一概に性能だけ比べても意味が無いというのも、ある意味で真実です。スピードの出る自動車が優れているか、燃費が良ければいいのかという問いに答えはでませんが、用途で選んでこそ生きるのが機械であり道具です。ここで紹介するのは、エネルギー消費効率の目安として使われる係数ですが、それが全てではなく、あくまでも目安であるという点は注意が必要です。消費電力1kwに対して発揮される冷暖房能力を、成績係数、COPといいます。多くのメーカーで自社製品の性能表示として使われており、単純比較の際に基準となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク