エコキュートの安全性について

エコキュートの保険料が安いのはなぜか考えたことがありますか?

人類が火を手に入れてから文明は発展を続け、今や世界はさまざまなテクノロジーで溢れています。そのことについて知ることができる事例のひとつに「火を使わない設備」があることは、どこか皮肉に感じます。

効率、経済性はもとより環境性にも優れている

エコキュートは従来のガス給湯器に替わり、その住宅にお湯を供給する設備として電力を使用しています。電気によってシステムを稼働させ、大気から熱を汲み上げるヒートポンプシステムは、大げさに言えば現代の科学技術が実現させた「魔法」のひとつかもしれません。このシステムを擁するエコキュートは、その効率の良さと経済性、あるいは優れた環境性能によって非常に高い評価を得ています。

給湯器に潜む火災の危険性を緩和

さらにこのエコキュートが評価されているポイントは安全性能です。そのことが最も良く分かるのは保険料の安さです。従来の火を使う給湯システムには、トラブルの際に重大な被害をもたらす可能性があります。もちろん幾重にも施された安全装置の信頼性は高く、その信頼性が格段に向上しているのは確かなのですが、やはりエネルギー源として可燃性のガスを使っている以上、危険がついてまわるのは仕方のないことなのでしょう。エコキュートを導入した住宅の保険料はそうでない住宅と比較して割安になります。これは統計学的調査を根拠にしており、それゆえ保険会社は火災のリスクが低いエコキュート導入住宅に対して優遇措置を取っているのです。火災の危険性が低いということは、住宅の価値が下落しにくいということにもつながっており、まさに良いことずくめです。

いざというときのライフライン

ライフラインとして考えた場合、例えば全てのエネルギーを電気に頼ることは危険であるという考え方があります。電気が止まってもガスが生きている、あるいはガスが停まっても電気が生きている状態のとき、そのどちらもライフラインとして持っているほうが対応力は高いというわけです。

しかし、今や電気が停まった状態ではガスの点火は実質不可能です。電力を一切使わないで火を起こすのはライターぐらいではないでしょうか。水道すらポンプが稼働できなければあっという間に止まってしまいます。だからこそ、災害時に最も早く復旧されるのが電気設備なのです。そういう意味で、ライフラインとしての強固さもエコキュートにはあると言えます。

また、同じ災害時に絶対に必要となるのが水です。先に述べたように、電気が停まった状態で充分な水を確保するのは非常に困難です、蛇口をひねれば水が出るのは、電力の恩恵でもあるからです。ここでエコキュートがその構造上大型の貯湯タンクを持っていることが重要な意味を持つことになります。いざというときのために風呂桶いっぱいに水を満たしておくという対策がありますが、湿気やカビの問題などがあり、なかなか現実には難しいものです。そうした意味で、一定量の水を常に担保しておくことのできるエコキュートは非常に安全性が高い設備であるということが出来るでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク