これがおひさまをエネルギーにする太陽光発電の構造だ!

通常の発電方法のようなモーター式の発電設備を使用せず、ソーラーパネルを置いているだけで電気を生みだしています

ソーラーパネルから生産された電気は1つに集められ、パワーコンディショナーを通して交流電流に変換されエネルギーとなります。

何もしなくてもタダで電気を作ることができる、そんなことを聞くとそんな都合のいい話があるかと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような都合のいい話であるのが、太陽光発電であります。よくよく考えてみると、太陽光発電は太陽の光が当たることによって全くコストをかけずに電気を発生させているのですから、これほど不思議なことは無いとは思いませんか。太陽光発電は通常の発電方法のようなモーター式の発電設備を使用せずに薄いソーラーパネルを置いているだけで電気を生みだしているわけですから、その科学の進歩には驚愕してしまうでしょう。ではその太陽光発電はどのようにして行われているのでしょうか。

二種類の半導体の結合

まず太陽光発電の構造を語る上で欠かせないのが、ソーラーパネルの仕組みです。ソーラーパネルは太陽光が当たることによって電気を発生しているのですが、単純に考えたとしてもどのようにして太陽光が当たることによってその電気が発生しているのかは全く理解ができないでしょう。簡単にその仕組みを説明するとすれば、ソーラーパネルの内部に組み込まれている半導体は質の違う2つの種類が結合されてできています。1つは電子の多い半導体、そしてもう1つは電子の少ない半導体でできており、このことから二つの半導体がプラスの極とマイナスの極を構成していることが分かると思います。ただ、この半導体はそのままの状態では当然電気を生みだすことはありません。しかし、そこに太陽光が当たることによって、新たに電子が作られ、それがはじき出されることによって電気を生みだすようになっています。そしてその生みだされた電子を逃さないようにしてくれるのもこの半導体の特性であり、電子のエネルギーが外部へ放出してしまう前に電気回線へと送電することによって電力を取り出すことができているのです。

直流電流と交流電流

また、太陽光発電で生産された電気はそのままでは使用することができません。なぜならば一般的にソーラーパネルから出力される電流は直流電流でありますから、それを家庭用電化製品が使えるような交流電流に変換する必要があるからです。そしてその役割を果たしているのが、パワーコンディショナーという機器になります。ソーラーパネルから生産された電気は1つに集められ、パワーコンディショナーを通して交流電流に変換され、家電などの用途に使用されるエネルギーとなるのです。

このような仕組みが、おひさまをエネルギーにする太陽光発電の構造なのです。その構造ゆえに、この太陽光発電の設備さえ設置しておけば、おひさまが私たち人類を照らし続けてくれる限り永遠にエネルギーを生産し続けることが可能です。そう考えると壮大な設備であるように感じませんか。これから先もクリーンなエネルギーとして太陽光発電は発達を続けていくでしょうから、早い段階でその設備を自宅に取り入れることは大切であると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク