太陽光発電のメリット・デメリットを検証

注目度の高まる太陽光発電、私達を惹きつけるものとは?

長期的にみれば利益を生み出せる、環境にやさしいところが魅力です。

今世間でとても注目されている太陽光発電。住宅団地などで屋根を見ながら歩いていると、比較的多くの家屋でソーラーパネルを置いているのを目にしますから、その注目度や導入量というのはかなり多いことが分かります。さて、それだけ注目されている太陽光発電ですが、やはりメリットとデメリットが存在しているものです。では、そのメリット・デメリットは何であるのか検証してみましょう。

初期費用での抵抗感

まずはそのデメリットからです。太陽光発電の最大のデメリットと言われているのが、初期費用になるでしょう。以前と比べてソーラーパネルの開発研究が進み低コストで作られるようになったことから、それを購入する私たちのような消費者においてもソーラーパネルをかなり安く求めることができるようになりました。しかし、いくら安くなったと言ってみてもやはり高いものは高いです。家庭における平均的な総出力量のパネルを設置しようとすれば、安くても150万以上はかかります。その上で、パワーコンディショナや架台、そしてそれらを取り付ける工事費用など諸経費を計上すれば業者の割引などを全く無しと考えて200万円以上の費用がかかることは間違いありません。これだけの費用が最初にかかってしまうことから、多少なりとも抵抗感が出てしまうのは事実です。

パネル設置工事での不安

また、もう1つのデメリットとしてはソーラーパネルを設置する際に工事が必用であることです。この工事はパネルを乗せるための架台を屋根に固定するためにビスを打ちつけますから、そのために自分の家屋を傷つけてしまうことにもなります。施工技術の無い業者の場合はその設置個所から雨漏りを招いてしまう場合もあります。

自然の力で電気をつくれる

では、メリットとしてはどのようなものがあるでしょうか。真っ先に考えられるのは、太陽光というタダの自然のエネルギーを用いることによって、全くのコスト無しで電気を生産できることでしょう。そのことによって、自宅の家電製品を動かすだけの電力をまかなうことができるのですから、電気代が浮くことになります。さらに、太陽光発電で作った電力は自宅で使用せず余った分を売ることができるのも大きなメリットの一つです。電気を売ることを売電と言いますが、この売電を継続的に行うことで長期的な視点で見れば太陽光発電を導入する際にかかった初期費用を回収し、そしてそれ以上の利益を生み出すことにも繋がります。それゆえに、使用すれば使用するほど初期費用というデメリットは解消されるでしょう。また、この他にもCO2を排出しない発電方法であることから環境への配慮を行えることなどもメリットになるでしょう。

このように検証してみるとメリットとデメリットが存在しているものの、結果としてはメリットの方が大きいことが分かります。また、施工工事の点においては信頼のおける適切な業者に依頼すれば全く問題はありませんので、太陽光発電の導入は意義があると理解できるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク