初期費用はどれぐらいかかる?

機器の費用にその取り付け工事の費用が合わさった額になります

初期費用の中で最も多くの割合を割くのがソーラーパネルで、その他に周辺機器・工事費が必要ですが、施工費用において国や地方公共団体から補助金を受けることができます。

太陽光発電を検討する際に最も気になる部分であるのが初期費用ではないでしょうか。一般的にも家屋にその設備を導入する費用は高いというイメージが定着しておりますから、実際にどれほどの額がかかるのだろうと考えてしまいます。しかし、これから太陽光発電を検討されているかた、もしくは家の新築を行う機会に恵まれ太陽光発電を組み込むチャンスである方はこの初期費用についてしっかりと知識を深めておき、的確な費用の概算をしておく必要があるでしょう。では、太陽光発電はどれだけの初期費用がかかるのでしょうか。

ソーラーパネル

太陽光発電設備の初期費用は機器の費用にその取り付け工事の費用が合わさった額になります。さて、その初期費用の中で最も多くの割合を割くのが太陽光発電設備の中核を担う存在であるソーラーパネルになります。ソーラーパネルは一枚当たりの単価が高いこと、そして多くの電力を生産しようとすればするほど必用な枚数が増えることから、初期費用の多くを割いてしまうのです。そのソーラーパネル一枚当たりの単価というのはどれくらいかと言えば、その種類や使用されている素材によって変わってきます。結晶シリコンのものであれば一枚当たりの単価は高くなりますが、薄膜シリコンや化学物系のものであれば、それと比べて一枚当たりの費用は安くなります。このパネル一枚あたりの単価は10万円を切るものから20万円程まで値段の幅がありますが、基本的に高い発電効率を持つものほど高くなると言われています。最近主流となりつつある薄膜シリコンのパネルであれば、家庭用の平均総出力である4kwの設備を維持できるだけの量で150~170万円程度になるでしょう。高い発電効率を持つパネルの場合はこれよりもさらに高くなります。

周辺機器

また、太陽光発電はソーラーパネルだけではなく周辺機器の購入も必要になります。電力を1つに束ねる接続箱や、直流電流を交流電流に変換してくれるパワーコンディショナ、電気の分配を管制する屋内分電盤などがそれに当たるのです。この中で一番費用がかかるのはパワーコンディショナで、その価格は大体20万円から30万円程度が相場となっております。それらに加えて、ソーラーパネルを設置する架台などの費用もかかりますから、その費用も10~20万円程かかってくるでしょう。

工事費

そして工事費の方ですが、施工を依頼する業者によって値引きなどもあるかもしれませんが、基本的に全ての工事を終了した時点で約30万円ほどの工事費が必要になるでしょう。これらの金額を合わせてみると、安くて200万円前後、ソーラーパネルの質や量によっては300万円程度の初期費用がかかることが考えられます。

しかし、実は太陽光発電はその施工費用において国や地方公共団体から補助金を受けることができますので、実際の初期費用も場合によれば150万円前後というかなり安い費用で済むケースも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク