パワーコンディショナとは

生産された電力を使用できる状態に持っていくための設備

家庭で使用するために電流を変換したり、電力会社からの送電がない状態であったとしても稼働することができます

太陽光発電設備において特に重要だとされているのがソーラーパネルですが、実際のところソーラーパネルだけで全ての発電設備が賄われているわけではありません。なぜなら、ソーラーパネルは太陽光によって電力を発生するものでありますから、そこで生産された電力を使用できる状態に持っていくための設備など、周辺機器も重要な太陽光発電設備の一つであるのです。その中でも大切な存在の1つに、パワーコンディショナと呼ばれている機器があります。このパワーコンディショナ、ソーラーパネルの陰に隠れてしまってそれほど存在感のない機器ではありますが、どのような機器であるのでしょうか。

電力の使用

まず家庭での電力の使用について考えてみましょう。一般的に私たちが日常的に使用している家庭用電化製品は、交流電流によって動くようにされています。それはなぜかと言えば、電力会社から送電されている電気が交流の方式であるゆえに、電化製品もそれに準ずるように作られているからなのです。その点、ソーラーパネルから生産される電力は直流のものでありますから、そのままで家庭用電化製品に使用することはできず、もし無理に使用するとなれば各種機器に不具合を引き起こしてしまう可能性すらあります。そのような危険性を回避するために、ソーラーパネルから出力される電気を直流から交流へと変換してくれているのがパワーコンディショナになります。ソーラーパネルから出力された電気は一度接続箱というところで1つにまとめられます。その電気をパワーコンディショナがとりこみ、変換して家庭へと電気を送電するのです。

パワーコンディショナの役割

また、パワーコンディショナの役割はただ単に直流で出力されるソーラーパネルからの電流を交流に変えるだけではありません。例えば、急な停電時の時などはこのパワーコンディショナはとても頼もしい存在になります。電力会社からしか電力を供給してもらうことができない通常の家庭であれば、電力会社に原因があるような停電が起これば電力が完全に供給されずに家電が全て止まってしまうという事態に陥ります。しかし、太陽光発電であれば太陽が照っている限り発電を行っています。その時に、パワーコンディショナは電力会社からの送電から切り離された状態であったとしても稼働することができますから、電力会社からの配電が全く無いという状況であったとしても太陽光発電が行われていれば、パワーコンディショナがその電力を供給してくれることによって家電に電気を送ることが可能になるのです。

ソーラーパネルの女房役

こうやって見てみると、パワーコンディショナは太陽光発電設備にとってソーラーパネルの女房役と位置づけられるのではないかと思います。パワーコンディショナが無ければ、たとえソーラーパネルがどれだけ電気を生産できたとしてもその電気は使いものになりませんから、太陽光発電設備の設置の際にパワーコンディショナに拘ることも大切な点になるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク