どうやって発電するのか仕組みを知ろう!

ソーラーパネルの構造と周辺機器がうまく組み合わさって発電しています

質の違う二種類の半導体が一部だけ結合されたソーラーパネルと、接続箱やパワーコンディショナーといった周辺機器が重要です。

太陽光発電ではあの薄いソーラーパネルやその他の周辺機器によって発電が行われます。この発電方法は一見したところ、一般人にはあまり分からないですよね。しかし、その発電について知識を深めることはより太陽光発電の魅力を見出す上で大切になりますので、どうやって発電するのかの仕組みを知りましょう!

まず太陽光発電の画期的なところは、従来の発電方法とは全く違うということです。今現在における一般的な発電方法である火力発電や原子力発電、その他の発電方法のほとんどにおいてはタービンを回して発電するという方法が用いられます。タービンというのは大きなコイルのようなもので、火力にしろ原子力にしろ、その熱量によって水蒸気を発生させて結果的にこのタービンを回すことによって電力を発生させているのです。しかし、太陽後発電設備をよく見てみて下さい。そこにコイルのようなものはついておらず、ソーラーパネルという光る板がその発電効果を持っているとされるのです。

ソーラーパネルの構造

少し複雑な話になるのですが、ソーラーパネルは半導体と呼ばれる電気を少しだけ通す物質から作られています。なぜ半導体でなければならないのかと言えば、電気を通し過ぎる物質であればそこで発生する電気を簡単に逃してしまうために不向きでありますし、逆に電気を全く通さない物質であれば当然のことながら発電機としての役割を持ちません。その点において、太陽光発電は半導体が重要な役割を果たすことになります。では、この半導体がどのようにして発電するのか、それはソーラーパネルの基本的な構造として質の違う二種類の半導体が一部だけ結合されており、そこに太陽光が当たることによって電子の動きが生まれて発電が行われることになるのです。ただ、この構造はスタンダードなシリコン系ソーラーパネルのものでありますから、最近ではシリコン系ソーラーパネルにもいくつかの種類が出てきていますし、化学物系パネルというシリコン以外の物質を使用したパネルも存在していますから、この発電構造はその種類によって少々変わってきます。

周辺機器

また、太陽光発電はソーラーパネルだけで完結するものではありません。発電された電気を家庭で使用できるようにするためには、接続箱やパワーコンディショナーといった周辺機器が重要になります。ソーラーパネルはいくつかのパネルを繋げて使用していますから、その配線を1つにつなげるものが必要となりますので、その役目を接続箱が果たしてくれます。そして、その1つになった電流をパワーコンディショナーへと配電するのです。パワーコンディショナーの役割は電流を直流のものから交流のものに変える働きを行うことです。一般的に家庭の電気は交流電流ですから、それに合わせるためにはパワーコンディショナーは欠かせない存在になります。太陽光発電はこれらの仕組みがうまく組み合わさって効率の良い電気の発生を行っているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク