太陽光発電を導入すると節電意識が向上する?

「電気は無限ではない」という認識を持てるかどうかがポイント

多くの家庭に導入され始めている太陽光発電。この発電設備を自宅へ導入することによって、自宅の電化製品を稼働させるために必用な電力をを太陽光が生みだす電力でまかえたり、余剰に生産された電気を電力会社に売れるなど、様々なメリットをもたらしてくれることが知られています。それに加えて、太陽光発電がもたらしてくれるメリットはこれらだけではなく、その他にも周辺的に様々なメリットをもたらしてくれる場合があるでしょう。その周辺的なメリットの一つとして節電意識の向上があります。そう、太陽光発電を導入すると節電意識が向上するのではないかと考えられているのです。

より多く売電するために

なぜ太陽光発電を導入すると節電意識が向上するのか、それにはいくつかの理由が考えられます。まずその理由の一つとして考えられるのは売電の存在です。太陽光発電はソーラーパネルによって生産された電力を、まずは家庭内の電化製品の稼働に使用します。しかし、生産される電力は家電製品の電力を大きく上回るだけの出力で生産されますから、当然家庭内で使用されない電力が多く出てくるのです。その余剰電力は、自動的に電線を逆流し電力会社に買取ってもらう形になります。これが太陽光発電における売電の仕組みです。この売電の仕組みからもわかるように、家庭内での電力使用が少なければ少ないほどに太陽光発電によって生産された電力はあまりますから、結果として売電される電力量は多くなっていきます。売電される電力は通常の電力量よりも高く設定されていますから、家庭の電力として使用するよりも家電を使用せずに積極的に売電を行ってもらう方が経済的にもかなり得な計算になりますから、売電量を多くしようとすれば必然的に節電への意識に繋がってくることが分かるでしょう

電気の重要性を認識できる

また、もう1つの理由としては発電設備が自宅に設置されているという点です。私たちの普段の暮らしを見てみると、電力と言うのは一方的に電力会社から与えられているものであり、それほど貴重なものであるという意識をすることはあまりありません。消費電力を少なくして月々の電気代を抑えようという意識はするかもしれませんが、電気というものが何らかのエネルギーを消費して産まれているかけがえのない存在であることはほぼ意識していないと言えるでしょう。しかし、自宅に太陽光発電がある場合、自宅そのものが発電所になります。そうなれば、電気の生産というのがとても身近なものになり、そして電気というエネルギーがとても貴重なものであることを実感することに繋がるのです。その実感が結果として、電気を無闇に使いすぎないという志に変わり、節電の意識へと繋がっていきます。

太陽光発電を導入することは、経済的な面でコストを削減したり利益をあげようとしたりする点や、電気を貴重な資源と実感するなどの点から、その家庭で暮らす人々の節電意識を大きく向上させてくれるものになるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク