補助金は早い者勝ち?

「いつまでも、あると思うな、電気と補助金(字余り)」

従来の発電方法ではかなり環境への影響が大きいことから、世界単位で次世代のエネルギー開発が推進されています。その一つには太陽光を用いた電力生産方法である太陽光発電も含まれ、日本においても政府を中心としてその太陽光発電を推進する動きを見せています。その推進の方法として、政府は太陽光発電を導入する家庭にとって有利になる様々な制度を用意しており、その中に各種補助金なども含まれているのです。一般的に補助金と言うものは、どのような状況であったとしても申請すればそのお金の給付を行ってもらえるものですが、こと太陽光発電の導入における補助金は早い者勝ちであると言われています。では、本当にこの補助金を受けるためには急がなければいけないのでしょうか。

補助金の制度とは

まずその補助金制度の概要から確認してみましょう。太陽光発電はメリットの多い設備ではあるのですが、唯一デメリットとして挙げられるのがその初期費用の高さです。以前に比べて太陽光パネルの値段は大幅に下がってきたとは言われているものの、家庭で充分な発電量を得るだけの太陽光パネルを設置しようとすればやはり最低でも200万円程の費用がかかってしまいます。ですから、その初期費用の点で導入を踏みとどまってしまう人が多かったのです。しかし、それを打開する政策として取られたのが住宅用の太陽光発電設備を導入する際に補助金を出すという制度なのです。この制度では、太陽光発電設備の総出力に合わせて補助金が追加されるシステムになっており、3kwhの総出力量よりも4kwhの総出力量を持つ設備の方が、多く補助金が出るようになっています。

補助金制度打ち切りの可能性

さて、ではこの補助金制度がなぜ急がなければならないのかと言えば、年々その額が少なくなってしまうのではないかということが危惧されるからです。冒頭でも述べましたように、太陽光発電の導入における補助金の目的はあくまでも太陽光発電を導入する家庭の増大でありますから、太陽光発電を導入した家庭がある一定の世帯数に達したとの統計が出たとすれば、今後その補助金が打ち切られる可能性があります。また、太陽光パネルの製造過程において常に研究と工程の見直しが行われていることから、その生産コストが下がり、結果として太陽光パネルの製品価格が下がることになります。それだけなら消費者としてはありがたいのですが、それを根拠に補助金を出す必要が無いと政府が判断した場合もまた補助金制度の打ち切りの可能性を抱えているとも言えるでしょう。

補助金額の見直し

また、この補助金制度は年度が変わるごとにその制度の見直しが行われており、補助金の額も改変されているものですから、補助金が高い内にその恩恵を受けるためには年度が変わる前に早めの申請をしておくことが大切です。これらのことからも、太陽光発電を自宅に導入するにあたって、その補助金を受けるのは早い者勝ちであると言われている理由が理解できると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク