太陽光発電の効率を良くする方法があるらしい

ちょっとした事で差が出る太陽発電の特徴を知ろう!

太陽光発電は太陽光を電気に変換することのできるシステムです。なぜ太陽光によって電気を生むということについては、太陽光発電の設備における中核的な役割を持つソーラーパネルの存在があります。ソーラーパネルは半導体という電気を適度に通す物質をガラス基盤などにとりつけており、その半導体に太陽光が当たることによってその内部で電子の移動が発生し、電気を作りだすことができるようになっています。さて、このような仕組みによって電気の発電が行われる太陽光発電ですが、その発電においては効率を良くする方法があるらしいのです。

パネルを設置する方角

まず太陽光発電に大切なのは太陽光の当たり具合です。当然のことながら、太陽光発電は太陽の光を資源として電気を作り出すわけですから、効率よく発電を行うためにはより多くの太陽光がソーラーパネルに当たる必要があります。しかし、建物の立地条件などによってはビルや高い建物の陰に隠れてしまって陰になってしまう家もあるかもしれません。そのような場合、できるだけ太陽光の当たりが良い場所へソーラーパネルを設置することが発電効率を上げるためには大切なことになります。また、このことについては、ソーラーパネルを設置する方角も大きく影響してきます。なぜならば、太陽はまっすぐに昇るのではなく一般的にも知られているように東から南に上り西に沈んでいきますから、一日の中で最も太陽光が当たるのは南の方角ということになります。ですから、ソーラーパネルも南向きに設置することで、その発電効率を最大限まで挙げることが可能なのです。逆に北側の屋根であれば南側の発電量を100とすれば60程度になってしまいますから、極力避けた方が良い方角になります。

パネルの傾斜角度

また、太陽光の差す角度を考えるのも大切です。一般的に日中、つまり太陽が出ている地域であればどこも同じように太陽の光が差していると思われがちですけど、実際のところは地域によってその角度は違ってきています。南の沖縄と北の北海道があれほどの気温差があることからも、その違いが分かると思います。ですから、効率の良い発電を行うためのソーラーパネルの傾斜角度も、沖縄と北海道では全く違ってきます。この傾斜角度は南にいくほど緩やかな角度であり、北に行くほど急な角度になります。

環境とパネルの特性

しかしこの太陽光もシリコン系パネルなどでは当たり過ぎると逆にその発電効率を低下させてしまうことがあります。なぜならば、シリコンのデメリットとして高温に弱いという特性を持っているからです。それゆえに、夏場などの太陽光が当たり過ぎて高温になってしまう環境の場合、その発電効率は低下していることがほとんどなのです。この点については、化学物系パネル高温に強いという特性を持っていますのでそれを使用することで回避することができます。

このように効率の良い発電を行うためには、様々な細かいポイントに気をつけていく必用があるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク