太陽光発電の寿命ってどれくらい?

太陽光パネルの寿命は環境によって変化する

これから太陽光発電を導入されようと考えている方にとって関心の事項の1つが、その設備の寿命ではないでしょうか。発電設備は初期費用に数百万円と言う額がかかってきますから、そこで発電される電気の使用や売電によって初期費用を回収していかなければなりません。しかし、いざ設置したものの数年で太陽光発電ができなくなったなどということになれば、初期費用回収ができずに大赤字になってしまいますから、一度設置したからには限りなく長く稼働し続けてもらいたいと考えてしまうでしょう。それゆえに、実際のところ太陽光発電の寿命がどれくらいかを知ることはとても大切なことであるのです。

平均的な寿命は?

さて、一般的に太陽光発電はどれくらいの寿命があるのかと言えば、大体平均して20年程度だと言われています。しかし、この20年という寿命は様々な要件の下の数字でありますから、全ての太陽光発電が20年の寿命であるとは言えません。これよりも早い段階で寿命を迎えてしまうものもあれば、これを大きく過ぎたとしても稼働し続けてくれる太陽光発電もあります。では、どのような場合であれば寿命は短くなったり長くなったりするのでしょうか。そのことを考えるには太陽光発電の中核であるソーラーパネルを知ることが必要です。

パネルへ影響する要因

基本的に従来の結晶シリコンパネルは寿命がかなり長いことが知られています。その素材で作られたソーラーパネルには一般的なソーラーパネルの寿命を大きく超えて、数十年も使用され続けているパネルも存在すると言われています。その反面、最近市場の中心になってきている低コストな薄膜シリコンパネルなどのものであれば、ソーラーパネル自体の寿命が20年程度だという試算がされています。それゆえに、20年を過ぎた頃に交換する必要が出てくるのです。また、たとえ寿命を迎えにくいタイプのソーラーパネルであったとしても、海が近い地域で住まわれている人が設置する場合は塩害というものがあり、海風にのって飛んでくる塩の影響でソーラーパネルが早期に故障してしまうケースもあると言われています。また、ソーラーパネルは屋外に設置するものでありますから、台風などの強風の影響が強い地域においてはパネルやそれを設置している架台自体が飛ばされてしまう可能性もありますから、そのような環境的要因によっても寿命は変わってくるのです。

パワーコンディショナーなどの寿命

また、太陽光発電の寿命はソーラーパネルだけで決まるわけではありません。それは太陽光発電は周辺機器も重要な存在であるからです。特に屋外に設置されているパワーコンディショナーは基本的に寿命が10年とされていますから、たとえソーラーパネルに不具合がなくても10年程度経てばパワーコンディショナーの不具合を疑う必用が出てくるでしょう。このように、太陽光発電の寿命は様々な条件によって変わってくるものですから、自分が設置する場合の環境や機器を事前によく調べる必要があるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク