今、爆発的な人気を誇るメガソーラーってなに?

メガソーラーに秘められた「ビジネスチャンス」に着目

環境保護の目的や省エネの目的など、様々な点から注目されているのが太陽光発電です。太陽光発電は太陽の光を電気に変換するパネルを使用することで、初期設備の費用を抜きにすればそこにかかるコストをほとんどゼロの状態で電気を生みだすことができる次世代の発電方法です。太陽光を利用した太陽光発電は何も最近になって研究開発が行われ始めたわけではありませんし、その製品としての利用も最近のことではありません。しかし、ソーラー発電がこれだけ一般的にメジャーなものになってきたのは、その要因として太陽光発電の設備における初期費用の低下が考えられます。以前であれば太陽光から少しの電気を生産させるための設備ですらかなりの設備費用がかかっていたのに対し、最近であれば太陽光パネルは粗品として貰えるような電卓にまで使用されているくらいですから、それらのことからも太陽光発電における設備のコストダウンは理解できると思います。

企業も注目するメガソーラー

このようなこともあり、太陽光発電は個人の家庭だけではなく企業にも非常に注目されるエネルギー生産方法となりました。その中でもかなり注目を集めているのがメガソーラーというものです。今、爆発的な人気を誇っているメガソーラーとは一体なんなのでしょうか。まずメガという言葉からも分かるようにその規模が大きなものということが分かると思います。つまり、単純に考えてメガソーラーというのは大規模な太陽光発電という意味で間違いないでしょう。しかし、メガソーラーはこの説明だけでは不十分です。

メガソーラーとは?

一般的な価値観では、太陽光発電やソーラーパネルというのは自宅の屋根につけて、自分の家の電気を担うだけのような少量の電気を発生させる設備をイメージしがちです。しかし、単純に考えれば太陽光発電も火力発電や原子力発電と同じように立派な発電設備であります。それゆえに、その太陽光パネルのを家庭サイズのようなものではなく広大な敷地にくまなく敷き詰めることによって、数多の発電所に対抗できるほどの膨大な電力を太陽光という100%自然のエネルギーによって生産することが可能です。大規模な太陽光発電設備のことはソーラーファームなどという呼称で呼ばれるのですが、そのような設備の中でも1メガワットつまり1キロワットの1000倍もの膨大な電気を生産することができるものがメガソーラーと呼ばれています

人気の理由

メガソーラーがこれほどまでに人気な理由は、先ほども述べましたように太陽光という全くコストをかけずに膨大な電力を供給することが可能であること、その太陽光発電の設備そのものが安価に設置することができること、そして何よりも全く使用していない様な空き地を有効利用できることなどが考えられます。それゆえに、電力会社はもちろんのこと一般の企業や地方自治体などもこのメガソーラーが持つ電力生産能力にビジネスチャンスを求めてこぞって参入しているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク