太陽光発電を導入する人が増えている理由

キーワードは「初期費用」と「補助金」

一昔前であれば、自宅の上にソーラーパネルを乗せて太陽光発電を行っているような家庭はほんの極一部のお金持ちの家、もしくはとても環境への配慮に気を使っているような家でしかありえませんでした。しかし、最近になって太陽光発電は多くの家庭に導入されていっており、自宅の周辺を歩いてみてもソーラーパネルを屋根の上に乗せている家屋もかなり頻繁に見かけるようになったほどです。それだけ太陽光発電を導入する人が増えており、どんどんと家電設備としてスタンダードな存在になってきているのは何らかの理由があるはずです。

導入する家庭が少なかった原因

太陽光発電は近年になって開発されたシステムではありません。少なくとも太陽光電池というのは数十年前から製品化されていましたし、同様に数十年前には、企業がそれらの太陽光電池やソーラーパネルを使用してソーラーファームという大規模太陽光発電所を既に開設していました。こと家庭用の太陽光発電設備についても、それが初めて設置されたのは少なくとも1990年代半ばの頃ですので比較的最近出てきたものではないことが分かります。では、なぜ家庭用の太陽光発電設備が登場した当時にそれを導入する家庭が少なかったのかと言えば、その初期費用が高額であったことがあげられます。当時の太陽光発電はソーラーパネルの元型である結晶シリコンパネルしかありませんでしたから、製造の過程において高純度で原料費の高いシリコンが必用であることから、必然的にソーラーパネルの値段も高額になっていました。

普及の理由

その点、今ではその太陽光パネルも研究開発が進み、薄膜シリコンパネルや化学物を使用した薄膜半導体パネルなどコストを抑えて生産できる太陽光パネルが登場しました。もちろん、従来の結晶シリコンパネルも研究によって低コスト生産が可能になりましたので、当時の値段と比べてもかなり安くなっています。また、太陽光発電の積極的な導入を推進したい国や地方公共団体の意向によって、太陽光発電を導入する際に補助金が出るようになり、住んでいる地域などの条件によってはかなり高額の補助金が出る場合もあるのです。これらの背景から、初期費用においてそれほどハードルが高くなくなったことが太陽光発電を導入する人が増えた大きな理由になるでしょう。

買取期間の保証

その他にも理由はあります。太陽光発電によって生産された電気を売って収益を得る売電の単価が高くなり、なおかつその高い金額で買い取る期間を10年保証するという制度ができたことも大きいです。それによって制度の廃止などによって電気の買取価格が下がるリスクを回避でき、安定して一定の売電収益を得る見込みができました。

このように現在の社会における太陽光発電は、その導入において初期費用の面で敷居が低くなり、導入後は高い経済効率を持つ存在になっています。そのような点に多くの人が注目したことが、太陽光発電がこれほどまで導入され普及した理由であるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク