パネルの性能と選び方

ソーラーパネルは選ぶ理由があります

太陽光パネルによって大きく変化する性能と特徴を知っておきましょう。

太陽光発電設備を自宅に導入するにあたって最も考慮しなければいけないのは、その設備の中核とも言える太陽光パネルについてです。太陽光パネルと一言にいってみても様々な種類があり、その種類によって様々な性能がありますから、その性能や特徴の面をよく把握して自宅の状態や経済状況など様々な自分のおかれている環境によって選択しなければなりません。それでは、実際に太陽光発電の設備を導入するにあたっての太陽光パネルの性能と選び方を考えていきたいと思います。

パネルの種類

まず太陽光パネルの性能を考える際に、そのパネルの大まかな種類を知っておく必要があります。その種類としては、日本における太陽光パネルではメジャーなものであるシリコン系の結晶パネルと薄膜パネル化学化合物系のものであるCIGSパネルやCISパネルなどが存在しています。結晶パネルにおいては単結晶シリコンパネルと多結晶シリコンパネル、HITパネルなどに細分化することができます。

単結晶シリコンパネル

単結晶シリコンパネルの特性としてはその電気変換率の高さが挙げられます。単結晶パネルの電気変換率は最大で19%というかなり高い数字を保持することができ、他の太陽光パネルと比較してもその高さは群を抜いています。結晶パネルの同類である多結晶シリコンパネルは、単結晶パネルには及びませんが、最大で16%程度の電気変換効率を保持することができます。単結晶シリコンパネルや多結晶シリコンパネルは少々その電気変換効率に差があるものの、どちらも高い電気変換効率を持っています。それゆえに、省スペースで高い電気生産率を行うことができますから、高い電気生産量を求めるような人や屋根の狭い家に住まわれている人にとっては最も適しているタイプの太陽光パネルであると言えるでしょう。

薄膜シリコンパネル

ではシリコン系のもう一つのパネルである薄膜シリコンパネルはと言えば、薄膜という名前からも分かるようにかなり薄い状態で製品化されています。それゆえに、原材料をそれほど使用しないことから生産コストがかなり抑えられ、その製品もかなり安い値段で購入することが可能です。しかし、その反面結晶系パネルと比較しても電気変換効率の数値は低く、最大で10%程度と言われています。薄膜シリコンパネルは、極力初期費用を抑えたいという方や軽量化されたパネルであることから建物の屋根の負荷を減らしたい方はこのパネルを選ぶと良いでしょう。化学化合物系のパネルは薄膜パネルの特性と少し似ており、やはり原材料費の点や軽量性の面で優れていますから、薄膜シリコンパネルを選ぶ理由とほぼ同様です。

ハイブリットパネル

またそれに加えて、単結晶シリコンと薄膜シリコンを組み合わせ、両者のメリットを組み合わせたHITパネルというハイブリッドパネルも存在しています。太陽光パネルは一概にどれが一番良いとは言えませんので、これらの性能を踏まえて自分に最も適したものを選ぶようにして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク