ハイブリッド系パネル

ハイブリッド系は太陽光パネル界の革命児

結晶パネルと非結晶パネルのイイトコどりをした新しいソーラーパネル。

太陽光発電における太陽光パネルは、単結晶パネルや多結晶パネル、非結晶パネルなどを代表とするシリコン系パネルが主流でありました。特に結晶パネルは太陽光発電の黎明期から使用されている素材、そして製法でありますから、国内だけではなく諸外国においても多く流通している太陽光パネルの種類になります。そんなシリコン系パネルの中に新しい製法として現れたのが結晶パネルと非結晶パネルの両者の良い部分を合わせて作られたハイブリッドパネルであります。

製法

ハイブリッドパネルの製法としてはアモルファスなどの非結晶系シリコンを低温で基盤に定着させて、その上に結晶シリコンを積層することによって作られます。なぜ両者のハイブリッドを行わなければならないかという点については、結晶パネルの高コスト性、そして薄膜パネルなどの非結晶パネルの電気変換率の低さが挙げられます。市場に多く流通している結晶パネル、特に単結晶シリコンのパネルは高純度なシリコンを多量に使わなければいけないことから、その生産にはかなりのコストがかかるとされています。単結晶シリコンパネルはそれだけ高純度のシリコンを使用していることから、その電気変換率はかなり高いとされていますが、その生産コストによってエネルギー収支比が低くなってしまいがちなのです。その対称的な存在であるアモルファスシリコンなどを使用した非結晶系の薄膜パネルは、それほど多くのシリコンを使用しないことから生産コストを単結晶シリコンパネルと比較して大きく減らすことが可能となった反面、その電気変換効率は単結晶シリコンパネルに比べてかなり低くなってしまうのがデメリットでした。しかし、ハイブリッドパネルはこの二つのパネルの良い部分をプラスすることによって、極力両者の持つデメリットを排除した製品になっています。

特徴

特にハイブリッドパネルの特徴として挙げられるのは、その電気変換効率の高さです。その電気変換効率のパーセンテージとしては最大のもので19%の製品があるなど、電気変換効率の点で言えばトップであった単結晶シリコンのパネルに並ぶだけの性能を持っています。それだけの電気変換効率を可能にさせているのも二つのシリコンがハイブリッドされたゆえのことであり、結晶したシリコンが長い波長の光を多く吸収し、非結晶のシリコンが短い波長の光を多く吸収するという特性が活かされているからなのです。それに加えて、温度などの環境因子による発電効率の変化もありませんし、製品によって表裏のどちらも太陽光を受けるようになっている点も、効率の良い電気の生産を行える理由なのでしょう。

これらのことから分かるようにハイブリッドパネルは、かなり高い電気変換効率を持っているにもかかわらずその生産コストもそれなりに低く抑えられていますから、今後の太陽光発電においては主流となっていくような注目度の高いパネルの一つであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク