日本のソーラーパネルメーカーを徹底比較

太陽光パネルを製造しているメーカーは想像以上に多いのです

一概に「メジャーなメーカーが良い」とは言い切れない部分もあるはずです。

太陽光発電を考えられる場合、そこで使用される太陽光パネルを生産販売しているメーカーを選ばなければいけません。しかし、あまり知識の無い段階ではどのメーカーの製品をを選べば良いかあまり分かりませんよね。そのような時のために、日本のソーラーパネルメーカーを徹底比較したいと思います。

大手メーカーとマイナーメーカー

まずソーラーパネルを製造している日本のメーカーは思っている以上に存在しています。東芝やシャープ、京セラ、パナソニック、三菱電機などの普通に生活していても耳にする様な大手電機製品メーカーも参入していますし、その他にもあまり聞き慣れないようなメーカーもソーラーパネルを生産しています。一概に大手メーカーの製品が良いとは断言できませんが、やはりブランドイメージということもありますから、大手メーカーの製品ほど良質なパネルであることは確かだと言えるでしょう。しかし、マイナーなソーラーパネルメーカーであったとしても、購入金額の面でかなり安価であるメーカーなども存在していますから、比較する基準によっては大手メーカーには無い様なパネルをマイナーメーカーが生産している場合もあります。

電気変換効率の良いパネル

では実際にソーラーパネルメーカーを比較する際考慮しなければならない点は、パネルが持つ電気変換効率、パネルの購入費用、そしてパネルの種類による特性であると思います。電気変換効率においてもっとも効率の良いパネルを生産しているのは東芝です。他のメーカーのパネルの電気変換率が19%台であるところ、東芝の製品はなんと20%台になり、かなり高い電気交換率を保持しているのです。ただ、これだけの電気変換率を誇るパネルは単結晶パネルでありますから、製品そのものの値段はその他のものに比べて高くなります。

パネルの購入費用

次にパネルの購入費用の点から見たとすれば、ソーラーフロンティアというメーカーの製品が1kw単位の価格が最も安い値段で購入することができます。ソーラーフロンティアはよく耳にするような電機メーカーではないソーラーパネル専門のメーカーでありますが、化合物系のソーラーパネルにおいてはとても高い実績を持ち、それゆえにとても安価にパネルを生産することができているようです。化合物系パネルでありますからその電気変換効率は東芝のそれに比べては劣りますが、初期費用やエネルギー収支比などを重視する人であればお勧めのメーカーになるでしょう。

種類や特性による比較

そして最後にパネルの種類や特性による比較です。従来の結晶シリコンパネル以外の製品に関しては、それぞれの種類でその生産を得意とするメーカーが幾つかあります。ハイブリッドパネルはパナソニックなどが得意としていますし、薄膜シリコンパネルはシャープなど、化学物系であれば先ほども挙げたソーラーフロンティアが得意としています。この点に関してはエネルギー収支比の他に気温や環境など設置を検討している環境によって適したメーカーを選ぶ必要があるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク