パネルの種類をご紹介

パネル選びは太陽光導入の最初の一歩

そのパネル、どうして選んだのか説明できますか?

これから太陽光発電設備を自宅へ導入しようと考えられている方の場合、一番に戸惑ってしまうのは太陽光パネルの種類の多さではないでしょうか。普通に暮らしている上では太陽光パネルのことなどそれほど考えはしないものですから、太陽光発電を行うパネルは1種類のみだと思い込んでしまっているものです。しかし、いざ太陽光発電の導入について情報を仕入れ始めると、様々なパネルの種類が存在していることが徐々に分かってきます。しかし、太陽光パネルにはいくつかの種類があることは分かったけれど、実際のところどれだけパネルの種類があるのか分からない方もおられると思います。ですので、ここで太陽光パネルの種類には一体どのようなものがあるのか簡単にそして簡潔にご紹介したいと思います。

太陽光パネルにはその材料や製法によって種類が別れてきます。ここでは素材による分類を元に話を進めるとすれば、その種類はシリコン系、化学化合物系に分けることができます。日本において太陽光パネルと言えばシリコン系を指すことが多く、それゆえに市場においてもシリコン系のものが多く流通しています。

シリコン系

シリコン系はそれをさらに細かく分けると、結晶シリコンと薄膜シリコンに分別されます。従来型の太陽光パネルは結晶シリコンで作られたものであり、薄膜シリコンのものは結晶シリコンに比べて少し歴史の浅い太陽光パネルになります。結晶シリコンの特性としては電気変換効率の高さが挙げられます。いまのところ数多ある太陽光パネルの種類の中では一番の電気変換効率を誇り、最大で19%程の効率をあげるとされています。薄膜シリコンであれば結晶シリコンのものに比べて電気変換効率は低いとされていますが、原料を少なく抑えられることやそれによって大量生産できる点から比較的安価な点が特徴になります。また、電気変換率の高い結晶シリコンと価格の安い薄膜シリコンをハイブリッドさせてメリットをかけあわせたシリコンパネルも存在しています。

化学化合物系

それに対して化学化合物系はCIGSパネルやCISパネルというものが存在しています。この名前は化学元素である銅やインジュウム、ガリウム、セレンの元素記号からとったものであり、その名前の通りこれらの化学元素を使用して生産されます。化学化合物系パネルの大きな特徴としては、これら化学元素を化合させて薄膜の半導体を作ることから、それほど多量の原料を必要としないため生産コストが低いこと、そしてその薄い半導体からシリコン系には劣るものの高い電気変換効率をあげることなどが挙げられます。

太陽光パネルの種類はこれだけの種類があります。それに加えてまだ市場には出回っていませんが有機系の太陽光パネルの開発研究も行われています。とりあえずは市場に出回っている太陽光パネルにはどのような種類があり、どのような特性があるのかをしっかりと抑えるための参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク