パネルのメーカーを選ぶ理由

メーカによってパネルのラインナップに特徴がある

自分の目的に合わせてソーラーパネルのメーカーを選ぶことはとても重要です。

太陽光発電を設置することを意識するまで、それら太陽光パネルの生産を行っているメーカーが様々であることなど知りもしないと思います。太陽光パネルは様々な種類の製法があるように、それを製造しているメーカーもまた様々であり多数存在しているのです。そして、いざ自分が太陽光パネルを設置するとなれば、どこのメーカーのパネルを使用するか慎重に選ばなければいけません。では、なぜパネルのメーカーを選ばなければならないのでしょうか。

メーカーごとの特色

太陽光パネルをメーカーによって選ばなければいけない理由としては、第一にメーカーによって太陽光パネルの種類に特化したものがあるという点です。それは、ある太陽光パネルの製法においてはA社が優れているが、また違う太陽光パネルの製法はB社の方が優れているということが当然のことながらありうるからです。それゆえに、自分が求める性能のものを購入するためにはパネルを製造しているメーカーを意識することがとても大切であるのです。

パネルの種類と性能を知る

さて、パネルのメーカーを選ばなければいけないことを理解するためには、実際に使用する製品化されたパネルにどのような種類がありどのような性能を持っているかを知ることが必要になります。太陽光パネルには大まかに分けてシリコン系パネルと化学物系パネルの二通りが存在しています。シリコン系パネルはさらに細分化すると結晶系パネルと薄膜系パネルに別れます。結晶系パネルの場合、かなり高い電気交換率が特徴となります。ただ、生産コストが高いことからその製品も比較的値段が高いことがデメリットでもあります。その点、薄膜系パネルであれば生産過程に必用な原料コストが低いことから製品そのものは比較的安価に購入することができます。ただ、薄膜系パネルのデメリットとしては結晶系のものと比べて発電効率が低いことがあります。最近ではこの結晶系と薄膜系の両者のメリットをハイブリッドさせたパネルが出てきており、生産コストを低くしながらも高い電気変換効率を持っている製品も登場しています。もう1つの種類である化学物系パネルの特徴としては、薄膜系パネルと同じように低い生産コストでありながら薄膜系パネルよりも高い電気変換率を持つこと、そして夏場などの高温環境における安定したパフォーマンスを行えることなどのメリットがあります。

これらのように一言に太陽光パネルと言ってみても、かなりの種類に分別することができ、そしてその種類によってメリットとデメリットを抱えています。このメリット・デメリットを考慮すれば、必然的に自分に最も適した性能を持つ太陽光パネルが出てくるはずです。そして、各種メーカーによって取り扱っているパネルの種類も違ってきますし、同じ種類のものであっても電気変換効率やその他の性能の面で違いが大きく出てしまう場合もあります。それらの理由から、パネルのメーカーを選ぶ必要が出てくるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク