のせられる屋根、のせられない屋根

あなたの家の屋根は大丈夫!?

太陽光パネルを設置できない屋根もあるってご存知でしたか。

太陽光発電を行うためにはソーラーパネルを太陽光に充てる必用があります。一般家庭においてはソーラーファームメガソーラーのような広大な土地でソーラーパネルに充分な太陽光を当てられるような環境が無いことがほとんどですから、必然的にソーラーパネルの設置場所は自宅の屋根といった最も太陽光が当たる場所になります。しかし、住宅は様々な建築方法によって建てられているものですから、その屋根においても太陽光発電に向くもの、向かないものがあります。太陽光発電に向かない屋根の中でも、確実に設置ができないものもありますから、自宅の屋根がソーラーパネルを乗せられるのかどうかの見極めはとても大切です。

のせることができない屋根

まず、ソーラーパネルを載せることができない屋根から紹介していきましょう。太陽光発電を行うには必ずソーラーパネルを屋根に設置する必要がありますが、この設置の際には確実にソーラーパネルを屋根に固定させるために屋根にビスを打って設置しなければなりません。しかし、ビスを固定するような屋根の構造がなければ、物理的にパネルを固定できませんからソーラーパネルを載せる事自体ができなくなるのです。このようなソーラーパネルが載せられない屋根の種類としては瓦の下の屋根の構造部分に断熱材を使用していたり、垂木と呼ばれる屋根の土台となる部分がない工法のものなどがあります。しかし、これらの屋根の場合であってもソーラーパネルメーカーによっては対応可能な製品もあるようです。

のせられる屋根

では逆にソーラーパネルを乗せられる屋根については、上記のようなソーラーパネルを固定できない構造以外の屋根がそれにあたります。特に一般的な家屋の種類である切妻屋根や寄棟屋根といった基本的な構造のものがベストです。それらのような屋根であれば太陽光を集めるために必要な傾斜も自然とできていることもメリットの一つです。ただ、沖縄やビルなどの工法でよく見られる傾斜の無い屋根である陸屋根はこのような傾斜がないことから、そのままの状態ではソーラーパネルを設置しても太陽光の当たりが悪くなりますから、あまり適している屋根にはなりません。それゆえに、陸屋根でソーラーパネルを設置しようとする場合であれば、ソーラーパネル専用のスタンドのようなものの設置工事をしてから、そこにソーラーパネルを設置することで太陽光発電を可能にできます。

自宅の屋根を事前に確認しておきましょう

太陽光発電において、ソーラーパネルを乗せる屋根というのは思っている以上に重要な要素になります。ソーラーパネルを乗せることが可能ではあるものの、屋根の構造や作り以外においても使用されている瓦の材質などにおいても設置における難易度は変わってきますから、それぞれの住宅環境に臨機応変に対応したソーラーパネルの取り付け工事が必要になります。これから太陽光発電を考えられる場合、まずは自宅の屋根がどのような構造であるのか事前に確認しておくことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク