シリコン系パネル

シリコン系パネルは太陽光パネルの”王道”

現在も進化し続けるソーラーパネルの草分け的な存在。

太陽光発電を行うためのパネルには幾つかの種類があります。太陽光パネルどれも同じものと思ってしまいがちですけれど、実際のところは様々な素材や生産方法によってその性能まで違ってくるものなのです。その太陽光パネルにおいて最もメジャーなものであるのがシリコン系パネルです。太陽光パネルはシリコンのものが一番初めに研究開発されてきたことから、全世界においても一番流通している製品でもあります。

ではシリコン系パネルとは一体どのようなものなのか、深く掘り下げていきたいと思います。まずシリコンという名前から分かるように、シリコン系パネルはシリコンを使用して作られています。シリコンと聞くと整形手術で体に注入したり半導体を作ったりと様々な用途に使用されているものであり、太陽光パネルにおいてはその用途の中でも半導体使用されているものをイメージする方が理解しやすいでしょう。ではなぜシリコンが太陽光を取りこむことによって電気を生産するのかとうことについては少々専門的な事柄になりますので割愛しますが、簡単に説明すれば純度の違う2つのシリコンを接合して出来たのがこのシリコン系パネルであり、そこに太陽光が当たるとシリコン内の電子に動きができ、電位差を生じることによって電気の生産が可能になるのです。

結晶シリコンパネルと薄膜シリコンパネル

さて、このシリコン系パネルには大まかに分けて二通りの種類が存在しています。それは結晶シリコンパネルと薄膜シリコンパネルです。結晶シリコンパネルは最もメジャーな太陽光パネルであり、高い電気変換率の点からもかなりの量が世界的に流通されています。その電気交換率は最大ものもで19%程とされており、その他の太陽光パネルに比べてかなり高い電気変換率を誇ります。この結晶シリコンパネルの中でも、単結晶シリコンパネルは先述した19%以上の電気変換率を可能にしており、太陽光パネルとしての人気もかなり高いです。なぜ単結晶のものがそれだけの電気変換率を保持するのかというと、それは電気抵抗の要因が考えられます。多結晶のようにミクロの視点で見てみればその組織がちぐはぐに配列されているような組織に比べて、単結晶は組織そのものが規則正しく揃った状態でありますから、太陽光の通りが限りなく良く、それによって高い発電効率を誇ることができるのです。しかし、同じシリコン系パネルであるアモルファスなどの薄いシリコンを使用して作られた薄膜シリコンパネルはそこにかかるコストが安価である反面、単結晶ほどの電気変換率はありません。

このようにシリコン系パネルには以上のような種類や特性があります。特に最近では薄膜シリコンパネルのような安価な制法で作られたパネルと高い電気変換率を誇る単結晶パネルをハイブリッドさせたHITパネルというものも登場しており、シリコン系パネルはまだまだ太陽光パネルの中では不動の地位を占める存在であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク