導入のきっかけと目的

100人いれば100通りの「きっかけ」があっていい

自然のエネルギーである太陽光を利用して発電を行う太陽光発電。この発電設備はとても魅力的なものでありますが、それを導入をされた方の多くは何らかのきっかけと目的があった上での事であると思います。なにせ、その発電自体にはそれほどコストがかからないことだといってみても、初期費用としてはやはり幾らかのコストがかかってしまうこともありますから、そう簡単に導入を決められるものではないからです。では、実際に導入をされたかたはどのようなきっかけと目的を持って太陽光発電の設備を導入しているのでしょうか。

クリーンエネルギー

太陽光発電はとてもクリーンなエネルギー活用の方法であります。なぜなら、その発電方法はソーラーパネルに太陽光を当てるだけで良いのですから、火力発電のようにCO2を排出することも無ければ原子力発電のように放射能を発生することもありません。そして、消費する燃料も必要としませんから、完全クリーンで完全コスト0という環境下で電気の生産を行うことができるのです。それゆえに、太陽光発電のこのような点に着目することが、その導入の動機づけに繋がっていることが多いです。環境への配慮というのは、今や国家単位ではなく住民単位で私たち一市民ですら意識してしまうようになりました。太陽光発電は多くの電力発電方法の中で、最も環境に優しい発電方法であると言えます。それゆえに、環境保全への意識が高い人ほど、太陽光発電を取り入れる傾向にあるのです。また、太陽光発電は電力をタダで生産できるわけですから、家計を浮かしたいという希望をきっかけとして導入される方も多くおられるでしょう。

環境面と金銭面

さて、太陽光発電の目的というのも、大まかに分けて先述したような環境保全と金銭的な面の二通りが存在しているでしょう。環境保全としての視点からは、多くの家庭が太陽光発電を取り入れれば取り入れる程に電力会社が行っている火力発電などの発電量を減らすことができますから、結果的にCO2の削減や化石燃料の保全を行うことにつながっていきます。CO2による地球の温暖化や化石燃料などの枯渇は現在地球規模での重大な問題になっていますから、多くの人が太陽光発電を取り入れることは結果として自分達の暮らしている環境を守ることに繋がっていくのです。そして、もう1つの金銭的な面としては太陽光発電で生産される電力は屋内の家電製品で使用できることから電気代を浮かすことに繋がり、さらに過剰に生産された電力は通常の電力より割増された額で買取をおこなってくれるということから、投資的な目的を持ってそれを導入される方もおられます。

太陽光発電を導入することについてのきっかけや目的は大まかにわけるとこのようなものですが、その人の哲学や先見などによってこれ以外にも様々であるかもしれません。しかし、それを導入することは環境と家計両方にとってとてもプラスになるものであることは変わりないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク