東日本大震災の経験を踏まえて導入

災害は見えないもの。だからこそ備える必要がある

日本を未曾有の事態に直面させることとなった東日本大震災。まだ鮮明にその記憶がある方も多いと思います。この東日本大震災によって引き起こされた災害は、その地震の揺れや津波による建物や家屋の崩壊、人命の損失など様々な被害を招いてしまうこととなりました。そして、東日本大震災が引き起こした被害はこれだけには及びません。そう、福島第一原子力発電所の大事故を引き起こしてしまったのです。これらの地震による被害は、結果として被災直後の地域に大規模な停電を引き起こす結果となりました。また、その停電は被災地だけではなく、電気を多く消費している都会の一部地域への送電を一時停止するという計画停電というものも行われたのです。これらの東日本大震災の被害によって、電気と言うのは恒常的に安定して供給されるものではなく、何らかのトラブルがあれば思わぬ時に電気はストップしてしまうということがわかりました。それゆえに、そのような経験を踏まえて太陽光発電を導入する人が増えたのも事実なのです。

太陽光発電の利点

太陽光発電は太陽の光を電気に変えることができます。その発電については、本当に太陽光以外のエネルギーを必要とせず、限りなくクリーンでコストのかからないものになります。そして太陽光発電は電力会社に依存して電気を供給してもらい全ての家電を動かしているという通常の家庭とは違い、自宅が発電所そのものになりますからたとえ電力会社からの送電がストップしたとしても電気を自宅で供給し続けることが可能になります。

太陽光発電だけで電力を供給

一見すると太陽光発電の設備を設置している家屋であっても、電力会社からの送電がなければ家庭内に充分な電気の供給を行うことは不可能ではないかと思われるかもしれません。しかし、一般家庭における平均的な太陽光発電の総出力であれば、太陽光発電によって発電される電力は日中に使用している家電の電力を上回っていますから、電力の上では何も問題ありません。それに、パワーコンディショナという電力の供給を調整してくれる機器も独立運転を行ってくれることから、外部からの電力に依存せずに自宅の太陽光発電だけで自宅への電力を供給することが可能になります。ただ、太陽光が出ていない夜間はその電力を生みだすことが不可能ですから電力会社の電気が必用と考えてしまでしょう。しかし、その点においては少々コストはかかりますが家庭用畜電機を設置することによって日中から夜間まで自宅の太陽光発電だけで電力をまかなうことが可能であるのです。

災害に備えて

東日本大震災によって私たちは電力がかけがえのないものであることを学びました。それゆえに、その供給が止まってしまったらどうするかということを考えて、自宅で自家発電設備を設置するためにも太陽光発電の導入は大きな意義があります。今後また、なにかしら地震や災害が起こるかもしれませんから、有事の際に備えるという上でも太陽光発電は重要な設備であるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク