環境を考えて導入

口で言うのは簡単ですが、実行に移すには大きな決断が必要です

太陽光発電を導入する理由の一つには環境を考えたゆえという場合があると思います。なぜ太陽光発電が環境に良いのか、その理由として挙げられるのは、太陽光発電が太陽の光のみをエネルギー源として電気を生みだすことができるという点です。今、日本の電力供給の根幹を支えているのは火力発電であると言われています。火力発電の電力生産方法の仕組みとしては、石炭や石油などの化石燃料を燃焼させることによって水蒸気を発生させ、その水蒸気の力によってタービンを回転させて電力を発生させるようになっています。しかし、そこで消費される化石燃料の量は半端無い数であり、さらにその燃焼の過程においてCO2を太陽に発生させてしまうことにもなります。CO2の多大な排出は一般的にも周知されているように地球温暖化の原因とされています。それゆえに、今までの状況のままで火力発電を行い続けていれば、いずれ地球の大気にはCO2が満ち溢れてしまい気温もぐんぐんと上昇してしまう結果になるのです。そのような悲観的な将来を避ける点で、太陽光発電という次世代のエネルギー活用方法が考えられるのです。

次世代のエネルギー

太陽光発電の特性である太陽光で電気を生みだすという過程には、一切のコストがかかりません。化石燃料のような数に限りのある資源を消費しているわけでもなければ、その発電時にCO2などの有害な物質が排出されることすらなく、全く環境へダメージを与えずに電気を生みだすことができるのです。そのような特性は火力発電とは180度違うものになります。

小さな一歩から

ただ、今の現状としてはやはり安定的な電力供給を行うことができる火力発電は発電方法の根幹を担い続けています。しかし、これから先、多くの家庭が太陽光発電を導入したとすれば、そしてその発電設備の電気変換効率が高くなれば、それだけ火力発電の力を借りなくても電気を生産することが可能になります。それゆえに、1つの家庭が太陽光発電を導入するのは小さな一歩かもしれませんが、それが多くなっていくにつれて火力発電に依存しない電気供給の枠組みが生まれることになるのです。実際に、日本における家屋の全てが太陽光発電を導入すれば、日本全体の必用電力の1/3程度を賄えるだけの電力を供給することが可能であるとさえ言われています。それに加えて、メガソーラーなどの大規模太陽光発電システムも普及すれば、限りなく環境に優しい方法のみで電力生産を行うことが現実になってくるでしょう。

私たち人間も地球という自然環境を構成している1つの因子でありますから、できるだけその環境に良い方法や、生き方を選択する必用があると言えます。その選択の1つとして太陽光発電設備を設置することは、火力発電が行われる量を減らすことに繋がり、結果としてCO2の排出を抑えることになりますから、そのような点からも環境を考えて太陽光発電を導入するのは大切なことになるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク