投資目的で導入

太陽光発電の投資としての導入価値が注目されています

太陽光発電を導入する目的としては、何らかの備えとして設置する人もいれば環境への配慮として備える人もおられます。確かに太陽光という自然のエネルギーを活用する発電方法でありますから、環境などへの配慮を考えることはとても意義のあることだと思います。しかし、太陽光発電の持つ魅力はそれだけではありません。なぜなら太陽光発電は大きなお金を生み出すシステムでもあるからなのです。そして、そのお金を生み出す仕組みに着目した人などは、後々に大きな利益を得ようと投資目的に導入されている方も多くおられます。

エネルギーのムダをなくす

なぜ太陽光発電がお金や利益を生み出すシステムであるのかということには、太陽光発電によって生産された電気は電力会社に買い取ってもらえるという理由が大きいでしょう。太陽光発電で生産される電力は、家庭用畜電機を備えているような家庭でない限り発電された電気をすぐに使用しなければ貯蔵されずに消失されてしまいます。しかし、家庭用畜電機を導入するのには家庭としては少々コストのかかることですし、生産された電気も使用されずに消失してしまうのはエネルギーのムダになります。そのような背景から、太陽光発電で生産された電力はその家の家電で使用されずに余ったものが電線を通して逆流し、電力会社が買い取るとう方式になっているのです。

高額な単価で買取

また、太陽光発電によって生産された電力は通常の電気料金よりも高額な単価で買取が行われています。その価格としては、1kwあたり38円であり、通常の電力会社が販売している電気料金より割増しされた額になるのです。太陽光発電の電力にそれだけの高い値段がつけられるのには、社会情勢的な側面やそれを踏まえた国の制度的な側面など様々な要因が絡んでいます。その概要としては、環境への配慮から国が太陽光のような再生利用が可能なエネルギーの活用を推進していること、そしてその再生利用が可能な自然エネルギーによって発電される電力は制度で定められた高額な単価で電力会社が買い取るように決められているということがあるのです。また、その電気を売る単価である売電単価も家庭用のものであれば10年、大規模なものであれば20年は同じ単価で買取りますという保証もつけてくれています。

企業における目的

これらのことから、一般の家庭においてもそうですし、企業においてもその高い収益性を目当てに投資目的で太陽光発電を導入しているのです。家庭用であれば10年で太陽光発電による売電の収益で初期費用を回収できるとされていますから、そこから先は完全に純粋な利益になります。また、一部の企業においては家庭用の比にならないほどの太陽光発電設備「メガソーラー」を設置し、莫大な利益を得ようと計画しているところもあります。このように、太陽光発電はコストゼロで電気を生むとともに、コストゼロでお金まで生みだすのです。それゆえに、投資目的の太陽光発電の導入が多いのも頷けるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク