反原発の意思表示として導入

原発に頼らない電気の供給を

日本中を震撼の渦に巻き込んでしまった出来事といえば、先の東日本大震災、そしてそれによる福島第一原子力発電所の大事故が挙げられるのではないでしょうか。日本は京都議定書などをはじめとして、環境に対してとても熱心に取り組んでいる国でしたが、まさかそのような日本においてあれほどの歴史的大事故が起こるだなんて思いもしなかったと思います。そして、あの経験によって原子力発電所は安全という偽りに国民の誰しもが気付くことになり、それゆえに反原発を考える人が多くなってきたのも事実です。こと、太陽光発電についても反原発の意思表示として導入する人も多くおられることでしょう。

原子力発電について

原子力発電については今まで次世代のエネルギー供給方法としてされていました。なぜならば、その発電においてはそれほどCO2を排出しないということ、そしてウランという少量の化学物質を使用することで大きな電力を得られるという低コスト性を謳っていたからです。これは何も電力会社だけがそのような宣伝を行っていたのではなく、日本の政府自体がそのような認識を疑うことなく受け入れており、官民共同で原子力発電を推進していった背景すらあります。しかし、現実を見てみれば安全神話とまでなっていた原子力発電所は大地震という災害によってその神話とともに崩れてしまい、そこには放射能の強大な人体と環境へのリスクが露見し、その後始末に多大なる経費がかかることとなってしまったのです。

日常生活と電気

それだけの多大なる危険性を持っていた原子力発電を無謀にも推進し、その責任を国民に押し付ける政府や電力会社には大きな憤りを感じてしまいます。しかし、さらに酷な現実があるのです。それは、私たちの日常が既に電気無しでは暮らすことができなくなっており、これだけの損害を出しているにもかかわらずなおも否応なしに政府や電力会社の方針に従うことでしか当たり前の日常生活を送ることができないということなのです。そのような電力の奴隷にされている現状を打開し、反原発の意思とこれまでの電力会社至上主義の流れを覆すためには、どうにかしてクリーンなエネルギーを用いつつ、自分達の力で電気を作り出していく方法が求められます。

電力の在り方

以前であれば、自分で日常生活をおくるだけの電気を作り出すなんて無理だと思われたかもしれませんが、今では魔法のような設備である太陽光発電があります。その太陽光発電を自宅に導入することによって、何の有害な物質や環境への危険因子を撒き散らすことなく、自分の家庭で自分達だけが使用する電気を作ることが可能なのです。今までのようにただ電力会社の作る電気を考えなしに使用するだけでは、何度でもあの原発事故のような悲劇を繰り返すことになってしまうと思います。これから先、そのような事態を防ぐためにも多くの人が太陽光発電を導入して従来の電力の在り方に反逆していく目的を持つことが大切だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク