新居を建てるタイミングで導入

新居の建設は太陽光発電導入の絶好のタイミング!?

太陽光発電の自宅設置が一般的になってきたのは比較的最近のことです。自宅での太陽光発電設備の設置は20年ほど前から存在していたものの、当時は初期費用が高額であったことや余った電気を売る時の単価も今のように高くありませんでしたから、それほど多くの家庭では行われてきませんでした。しかし、最近は国の推進や各種制度の働きもあり太陽光発電を導入するメリットが高くなったことから、その導入を行う家庭は多くなってきました。特に太陽光発電は新居を建てるタイミングで導入することが様々な点で効率が良い場合があります。それゆえに太陽光発電がメジャーな存在になってから家を建てた方、もしくはこれから新居の建築を考えている方の多くはその建築段階で太陽光発電の設備を導入しているのです。

建築時の導入メリット

新居の建築時に太陽光発電を導入することについては様々なメリットがあります。まず考えられるメリットはその設備の設置です。既に建築されてしまった家屋に太陽光発電設備を設置する際には、大がかりな工事が必要になります。ソーラーパネルは基本的に屋根に設置するものですから、家屋の屋根にソーラーパネルを置くための架台を設置しなければならず、この架台は当然のことながら瓦の上にただ置くだけでは不安定でありますから、その設置工事は基本的に屋根に穴をあけてビスで固定する方法が取られるのです。その点、新築の場合は既に太陽光発電設備を導入することが決まっていますから、事前に屋根にソーラーパネルを設置するスペースを設けることができ、屋根に穴を開けずともソーラーパネルを設置することができます。そしてソーラーパネルと同様に、接続箱やパワーコンディショナ、屋内分電盤などの太陽光発電における周辺機器も事前に設置する場所を決めておくことができますから、かなり省スペースで家屋の中にその設備を組み込むことが可能になります

屋根一体型のソーラーパネル

また、新築における太陽光発電の最大のメリットと言えるのが、屋根一体型のソーラーパネルを導入することができる点です。通常、ソーラーパネルと言われて想像するのは、長方形型の平らなパネルであると思います。市場に流通しているのもそのような形状のパネルが一般的ですから、ソーラーパネルと言えば幅を取る長方形の形というイメージが固定されていることでしょう。しかし、新築の段階で太陽光発電を導入することが決まっているならば、その家屋の屋根の形状になった一体型のパネルを選択することができるのです。このような屋根一体型パネルを導入すれば、外観からソーラーパネルを設置していることが分からないこともあり、家の見た目も良いままに太陽光発電の設備取り付けを行えるのです。

これから新築を考えられている方にとっては、太陽光発電を導入する最適なタイミングであることは間違いありませんから、そのタイミングを逃さないために早い段階で積極的検討をしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク