現状と今後の動向を予想してみた

太陽光発電の売電単価はこれからどうなっていくのでしょうか

 導入費用に連動した価格へ変化していくでしょう。

太陽の光を使用して自宅で電気の生産を行う太陽光発電。この太陽光発電では自宅で生産した電気を電力会社に買い取ってもらうことが可能です。さて、電力会社に太陽光で生産した電気を買い取ってもらう際に、その電気には私たちが電力会社から電気を買う時につけられているような電気の単価である売電単価がつけられます。この売電単価は国の自然エネルギー推進などの理由から、電力会社が生産している電気よりも高い値段で電力会社に買い取ってもらうことができるようになっています。しかし、売電単価は国の制度的側面によって高い価格が設定されていることから、社会的な情勢の変化や制度の変更などによってその価格が変わってくることも考えられます。ここでは売電単価の現状と今後の動向を予測してみました。

売電単価の現状

まず現在における売電単価の価格は家庭用太陽光発電の範囲であれば1kwあたり38円となっており、通常の電力単価である1kw14円程度と比べてもそれが相当高い金額であることが分かると思います。この売電単価が高い理由としては国における自然エネルギーや太陽光発電の推進が関係しています。かなり以前から言われていることですが、火力発電に使用している化石燃料はその数に限りがあり、あと数十年で枯渇するとさえ言われています。また、原子力発電では先の原発大事故からその安全性の低さが危惧されるようになってきました。そのような背景もあり、国はできるだけ環境に優しくコストやリスクの低い発電方法を推進する必用が出てきたことから、再生可能エネルギー固定価格買取制度というものを定めて、自然のエネルギーから生産される電力を割高で買うようになったのです。太陽光発電もその内の一つでありますので、国としてはより多くの家庭が太陽光発電設備を導入して欲しいという狙いから、高い売電単価をつけることで太陽光発電におけるメリットを大きくしました。

売電単価が年々下がる理由

しかし、その売電単価がなぜ下がってきているのかという点が気になりませんか。その点を考える事が、売電単価の今後を予想する上でとても大切なことになります。ではなぜ売電単価が下がっているのかというと、太陽光発電設備を設置する際の初期費用が下がっていることが大きな理由になります。太陽光発電の売電単価は、その設備導入に多くの費用がかかることを考慮した上での価格でありますから、発電設備開発の研究が進むにつれてより安価で性能の良い製品ができていますので、必然的に導入費用も下がることになります。それゆえに、初期費用を考慮した売電単価も下がることになるのです。これらのことを含めて考えれば、これからますます太陽光発電設備の初期費用は下がってくることが考えられますので、その費用と連動して売電単価も年々下がってくることが予想されます。それゆえに、早い段階での太陽光発電設備の設置を行うことが理想的であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク