太陽光で発電する電気の価値は

太陽光発電で発電した電気は電力会社で売られている電気よりも高いのです

 再生利用エネルギーの重要性に見合う高い価値がついているようです。

これから太陽光発電を検討されている方にとって、興味のある項目の1つであるのが売電ではないでしょうか。太陽光発電では自宅で使用しなかった電力を電力会社に買い取ってもらうことができる仕組みがあります。この売電はスタンダードな太陽光発電設備には必須でついているものですから、誰でも自宅で発電し、そして電力会社に売るという小さな発電所となることができる部分でもあるのです。

生産単価と販売単価

しかし、売電ができると言ってみても、自宅で行うような発電設備でありますから実際の電力会社と比較してもその売電単価は大したことないと考えてしまうかもしれません。それに電力会社のような大規模な設備でもありませんから、その考えはなおさら加速してしまうでしょう。でも、本当のところは自宅で生産できる電力の単価は通常の電力会社が販売している電気の単価に比べて高く設定されています。そこには太陽光で発電する電気の価値が存在しているのです。

太陽光発電の重要性

自宅で行う太陽光発電から生産される電気の単価は1kwあたり38円とされています。この単価は電力会社が販売している電力単価が1khあたり14円~30円という値段と比較してもかなり高いことが分かると思います。なぜこれだけの単価に差があるのかと言えば、国の再生エネルギー推進事業の一環で太陽光発電設備によって生産される電力を高く買い取るようにするという決まりができたことが大きな理由になります。化石燃料の枯渇に加えて、火力発電などにおけるCO2の増加、原子力発電所の危険性などが危惧されている現代において、自然の力を利用して安全かつ低コストで行うことのできる再生利用エネルギーはとても注目を浴び、国としても一念発起して取り組むほどのものになりました。それゆえに、その再生利用エネルギーの1つである太陽光発電の重要性もかなり高くなり、そこから生産される電力においてもかなり高い価値がつけられるようになったのです。

ただ、その他の再生利用エネルギーである水力発電や風力発電に比べてみれば、太陽光発電において生産された電力の単価は低くなります。しかし、一般家庭において風力発電や水力発電を導入することは不可能ですから、普通の人が参入できるエネルギー生産という枠組みで捉えると太陽光から作られた電気の価値は高いと思います。

期待値への価値

このように太陽光で発電する電気は、その生産過程で一切のCO2を排出することがありませんし、原子力のような危険性も全く無く、太陽光が地球に照り続けている限り永久にそのエネルギーが枯渇することもありません。それだけ大きな効能と可能性を持つ発電方法でありますから、これから先もっと太陽光発電が一般化されるようにという期待値としてもこれだけの高価な価値がつけられているのでしょう。そして、それだけの価値がつけられているゆえに、一市民の私たちにおいても太陽光発電の設備は積極的に導入すべきであると言えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク