量販店に頼む場合の注意点

太陽光発電を家電を買うような感覚で導入していいんですか?

 家電量販店は「請負窓口」の役割がほとんどです。

各種電気工事を行う際に依頼するのは電気工事施工業者であったり、簡単なものであれば地元の懇意にしている電気屋さんであったりします。太陽光発電においても、形は違えど電気工事の一種でありますからその工事を請け負う窓口となっているのは電気工事施工業者などの専門会社であることがほとんどです。しかし、最近では大手家電量販店なども太陽光発電設備事業に参入してきており、積極的に顧客を募っています。家電量販店と言えば安く家電製品を購入できることで知られていますが、太陽光発電設備の設置を行う上でも安価にそして安心してその工事施工を任せられるものなのでしょうか。

工事をするのは施工業者

実際のところ、家電量販店に太陽光発電設備の施工を頼む場合にはいくつかの注意点があります。それについては、やはり太陽光発電がその他の家電とは少し性質の違う特殊な設備であることや、家電量販店という仕組みの問題などが挙げらます。家電量販店で太陽光発電設備を契約したとしても、その施工工事を行ってくれるのは工事を委託された電気工事施工業者であることがほとんどです。この施工業者が良心的な会社であれば良いのですが、家電量販店を介して工事を担うことになったわけであり自分がその業者のことを信頼した上で依頼したわけではありませんから、その工事がとてもずさんなものになってしまう場合があります。電気工事施工業者であったとしても太陽光発電設備についてはそれほど施工における技術や知識を持っていないというケースもあるので、全く面識のない業者が施工を行うことについてはとても不安な部分になってしまうでしょう。

家電量販店の役割

また、家電量販店の特色である安く家電を購入できるというイメージにおいても、その期待を裏切られる場合があります。なぜならば、太陽光発電設備の設置において、家電量販店が受け持つ役割と言うのはただ単にその請負窓口ということや見積書の作成などとても簡易な業務だけであり、あとは紹介料などを取った上で提携している別の施工業者に業務を委託するだけの存在でありますから、場合によっては通常のルートで工事を依頼するよりも多くの費用がかかってしまう可能性すらあります。請負窓口と実際の施工業者が別であるということは、もし工事に不備があった場合のクレームにおいても、どちらに言えばいいのか分からなかったり、場合によっては量販店側と施工業者側との責任の押し付け合いのようになってたらい回しになってしまうかもしれませんので、その点の注意も必要になります。

これらのように、太陽光発電設備を行うことにおいては量販店などに依頼する場合はかなりの不安な部分や注意点が存在していることが分かると思います。それゆえに、できるだけ量販店ではなく通常の業者へ工事を依頼することが大切になります。しかし、量販店で契約を行わなければならないのであれば、上記の注意点についてよく気をつけて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク