現地調査について

太陽光発電システムは環境を選ぶ

 太陽光発電を設置する上で欠かせない作業です。

初めて太陽光発電の設備を自宅に取り入れるとなると、その施工を行う前に幾つかのポイントを業者が把握しておかなければならなくなります。それは、太陽光発電の設備を取り付ける住宅環境と言うものが1つとして同じものがないからです。それぞれの家屋は建てられたメーカーや年代などによっても変わってきますし、家屋そのものの立地環境、太陽光発電設備の導入を依頼する側のニーズによってその取り付け方は臨機応変に対応していかなければなりません。それゆえに、その柔軟な施行工事を行うためにも、現地調査を行って施工工事の概要を業者とともに把握することが大切になるのです。

ソーラーパネルの設置場所

実際の現地調査で確認する事項は様々な部分にまで至ります。まず、ソーラーパネルを設置するためには屋根がどのような構造によって作られているかが重要になりますから、屋根においては特に重点的に調査されます。普通に暮らしている分には自分の家の屋根がどのような構造をしており、どのような素材によって作られているのかなど意識しないと思います。しかし、屋根の構造や瓦の素材などによってはソーラーパネルを設置できないものが存在していることから、屋根の調査はかなり大切なものになるのです。また、屋根についてはその形状もソーラーパネルの設置については重要になります。なぜなら、太陽は東から南にのぼって西に沈むという動きがあるため、必然的に太陽光の当たりやすい方角も南が一番であり、その次に東と西ということになります。それゆえに、できるだけソーラーパネルは南向きに設置することがベストだと言われていることからも、ソーラーパネルの設置予定の屋根の一番大きな面積を持つ面ができるだけ太陽光の当たりやすい方角に設置できるかどうかも事前に調べておくことが必用なのです。

周辺機器の設置場所

その次に、太陽光発電設備で必要なのはソーラーパネルだけではなく、接続箱やパワーコンディショナーなどの周辺機器も設置しなければなりませんから、それらの設置場所などについても調べます。基本的に接続箱やパワーコンディショナーなどは家の側面に設置することから、家側面に設置できる様なスペースがあるかどうかを調査するのです。この他にも、どれだけ太陽光によって発電がおこなわれているのかを確認するためのディスプレイを家の中に設置する家庭がほとんどですから、このようなオプション設備の設置個所などもこの時に調べておきます。

現地調査の2つの理由

さて、これらの調査によって分かるのは太陽光発電設備が適性に設置できるか、そしてどのような工法によってどれだけのものが設置できるかということ、そしてあらかたの必用設備がわかってきますから工事費用などの見積もりまで概算をしてもらうことができます。現地調査は実際に工事に至る前に家屋を確認する面と、見積もりを行う面の二つの側面がありますのでシッカリとした現地調査を行ってくれる業者に依頼することをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク