導入の流れ

実際に太陽光システムを導入する際のシミュレーションをしておきましょう

一般的な電気設備の取り付けにおいて一連の流れがあるように、太陽光発電設備の取り付けにおいてもその導入の流れがあります。ただ、一般的な電化製品の取り付けとは少し違うのは、太陽光発電設備が少々特殊で専門的な知識や、色々な制度面の絡みがあることです。それゆえに、その導入についてもある程度その流れに沿って行っていくことがベストであると言えます。

導入の大まかな流れは次のとおりです

  1. 太陽光発電についての知識と導入の目的を考える
  2. ソーラーパネルなど機器の施行工事
  3. 電力会社との契約
  4. 補助金の申請

1.太陽光発電について知ろう

さて、まず導入するにあたっては太陽光発電の設置を考えている自分や家族の中で、ある程度知識を深めることや話し合いをすることが必要になります。大きな買い物にもなりますから、この時点で太陽光発電についての概要とそれを導入する大まかな目的をはっきりさせておいた方が良いでしょう。それが充分に行えれば、工事施工を行ってくれる業者に依頼します。この場合、受付窓口となるのが地元の電気屋さんや家電量販店である場合もあるかもしれません。そして施工業者へ依頼すると、まず業者側から現地調査というものに来てくれます。これは家屋に太陽光発電設備を設置するにあたっての調査であり、それを行ってもらうことによって取り付けの可否や方法、そして細かな費用の見積もりまで出してもらうことが可能です。

2.取り付け工事

見積もりを確認してそれに問題が無ければ、実際に取り付け工事が行われます。太陽光発電設備の取り付けはその施行にかなりの専門的知識が必用ではあるものの、その取り付け期間は基本的に2日~3日で終了することがほとんどですから、それほど時間を必要とすることもありません。この工事においては、ソーラーパネルの設置から周辺機器であるパワーコンディショナ、分電気、電力量計などまで全てを設置する作業が行われます。そして無事施工が終わると晴れて太陽光発電設備の引き渡しとなります。

3.電力受給契約

ただ、工事が終了した時点ではまだ太陽光発電システムを稼働させることはできません。それを行う前に、電力会社との連系をしなければならないからです。太陽光発電では一般的に知られているように余剰電力を電力会社へ販売することができます。しかし、そのような電気を売る行為である売電も、電力会社との電力受給契約を行った上でなければ成立しません。連系においては設置業者立会いのもと、太陽光発電システムが順調に作動し、電気の売買が適性に行われているのかを確認するようになります。この連携が終われば、運転開始となり太陽光発電を使用できるようになるのです。

4.補助金の申請を忘れずに

また、太陽光発電においてはこれで終わりではなく、地方公共団体などへの申請も必要となってきます。それは太陽光発電の設備を設置する際にかかった費用のいくらかを補助金で賄うことができるからです。よくこの補助金申請を忘れてしまい、損をする方も多く居るので、その点についてはかなり注意が必要になるでしょう。

その他、住宅環境や地域差はありますが、太陽光発電の導入は大まかにこのような流れで行われます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク