メンテナンスはここに注意!

定期的なメンテナンスは長期使用に必要不可欠です

長期間使用するような電化製品、設備にメンテナンスはつきものです。それほど手入れの必要が無いと言われる太陽光発電設備であったとしてもそれは例外ではなく、ある程度定期的にメンテナンスを行っておくべきだと言えるでしょう。しかし、太陽光発電を最近になって利用され始めた方、もしくはこれからその設備の導入を考えられている方にとって、そのメンテナンスを行う上でどのような点に気をつけるべきなのかあまり分からないものだと思います。太陽光発電設備はその特性から少々専門的な知識も必用なものでありますから、メンテナンスにおいて「ここは注意しておくべき!」というところをいくつか挙げて紹介したいと思います。

周辺機器のメンテナンス

まずは周辺機器についてです。太陽光発電における中核設備である太陽光パネルは比較的耐久年度が高く、それほど不具合を起こしたりはしないものですが、、その周辺機器は一般的な家電製品と変わらないものですから、その設置されている環境や状態によって短い期間でのメンテナンスが必要になる場合があります。特にメンテナンスが必要とされる周辺機器であるのがパワーコンディショナです。パワーコンディショナは太陽光パネルから送られてくる電気を家庭で使用できるように交流電流へと変換したり、非常時における独立運転を行う中枢になったりする設備であり、とても大切な機器になります。しかし、このパワーコンディショナは基本的に屋外に設置すること、そして耐久年数が大体平均して10年程度と言われていることから、少なくとも10年に一回、できることであれば数年ごとに一回くらいのペースでメンテナンスを行う必要があると言えるでしょう。

太陽光パネルのメンテナンス

また、太陽光パネルにおいても、メンテナンスが不要なわけではありません。薄膜シリコンパネルのようなパネルは20年が交換の目安とも言われていますし、従来型の結晶シリコンパネルであっても20年くらいを目途に、その稼働状況を確認しておく必要があるでしょう。それに、太陽光パネルはガラス基板にシリコンが挟まれる形で構成されており、このガラス基板には汚れなどが雨が降った時などに滑り落ちやすくする特殊な加工がなされています。しかし、年数が経つにつれてこの加工が弱くなってしまい太陽光パネル表面についた汚れが落ちにくくなったり、積雪がすべり落ちにくくなったりしてその発電効率を下げてしまっている場合もあります。太陽光パネルに目立った不具合がなかったとしても、これらの点からパワーコンディショナと同じく最低でも10年に1回~数年に1回のペースでメンテナンスを行うべきです。

このメンテナンスを行う上では、専門技術の有無や危険性などの点からできるだけ専門の業者に依頼することが望ましいです。特にその設備を設置してくれた施工業者であればスムーズに対応してくれるものですから、工事の施工後もその施工業者と良好な関係を築いておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク