補助金の種類をきちんと把握しよう

太陽光発電の導入に関する補助金は1つではありません

自分の地域で受け取れる補助金の種類や制度を確認してみましょう。

地球上にある化石燃料など限られた資源の保持と環境への配慮などの点から、太陽光発電の普及拡大は国の一大急務とされています。そのような背景もあり、一般家庭において太陽光発電の設備を導入する場合であっても、国や地方公共団体からその初期費用を軽減する目的でいくらかの補助金が給付されます。この補助金は国が給付する住宅用太陽光発電システム導入支援補助金という補助金給付制度が代表的ですが、これらの他にも各都道府県や市町村区が制定する様々な種類の補助金が存在しています。太陽光発電設備を導入するにおいて、この補助金の申請を行うことによってかなりの額の補助を受けられることからも、どのような補助金の種類があるのか把握しておく必要があります。

住宅用太陽光発電システム導入支援補助金

その補助金制度の代表的なものが先ほども名前を挙げた住宅用太陽光発電システム導入支援補助金であります。この補助金の運営母体は国であり、日本国内に住む人であれば誰でも申請することによってその補助金を受けられるようになっています。この補助金は必要経費に応じて補助金の額が変わり、今現在の補助対象となっているのが

1kwあたりの経費が

  • 2万円~41万円のもの、もしくは
  • 41万円より多い額~50万円以下のものとなっています。

なお、1kwあたり50万円以上の経費がかかるものは対象外です。この補助金は国が運営母体ではありますが、その運営業務を委託されているのは太陽光発電普及拡大センターという機関になっていますので、申請を行う際や疑問などがある場合はそこへ問い合わせする形になります。

地域による補助金制度

そして次に各都道府県が制定している補助金、市町村や区が制定している補助金があげられます。この補助金は各地方公共団体において実施しているかどうかや、補助金の金額が全く変わってきますので、自分が住んでいる地域はこの補助金制度を実施しているのかどうかを把握しておく必要があります。また、都道府県や市区町村単位で行われる補助金は、その年度において申請可能件数が定められている場合も少なくありません。そのような場合、申請件数がそれをオーバーした時点で受け付け締め切りとなることがほとんどですから、申請をしたからと言って必ずしも受けられるものとは限りません

併せて導入することによって受けられる補助金

また、地方公共団体で行う補助金の中には太陽光発電に加えて、畜電機や省エネ機器を併せて導入することによって受けられる補助金も存在しています。どれくらいの補助金が給付されるのかは一概には言えませんが、その条件を満たして申請することによって40万円前後の補助金を受け取ることができる場合もあるようです。

補助金の種類としては、各地方公共団体によっては特殊な制度があるなど多種多様になります。それゆえに、自分の地域で受け取れる補助金の種類がどのようなものであるのか、それを受け取るためにどのような条件を満たすことが必要なのかきちんと把握しておくことが必用になるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク