もらえるものは貰いたい。補助金の真面目な話し

補助金の存在が太陽光システム導入の敷居を下げている

太陽光パネルの導入にかかる初期費用は、みんな一番気になるところです。

これから太陽光発電の導入を考えられている方にとって、その初期費用は大きな関心事項ではないでしょうか。業者に見積りを依頼する前に、自宅にはどれだけの太陽パネルが自宅に設置できるのか、そしてどれだけの費用が必要なのかという計算を行う方も多いと思います。確かに太陽光発電設備はその導入に多少のコストはかかります。しかし、実際のところは計算によって算出される初期費用よりも安くなるというのが現状です。それはなぜかと言えば、導入時に政府から「補助金」が出ているからなのです。最近では導入の施工業者がこの補助金についての手続きを代行してくれることも多くなりましたが、場合によっては自分で申請を行わなければならない種類の補助金や、業者が申請代行を行ってくれない場合もありますから、補助金についてはしっかりと意識しておく必要があります。補助金については、申請をするかしないかだけでその初期費用が大きく変わってくることからも、もらえるものは貰っておきたいものです。そのためにも、補助金については真面目にお話ししておきましょう。

国が給付する補助金

太陽光発電における補助金の申請はいくつかを並行して行う場合があります。それについては、補助金の給付を行っている母体が様々であるからなのです。その母体として初めに挙げられるのがです。日本国内に住む方であれば、その家屋に太陽光発電設備を設置する際に国に申請することによってその導入に掛る費用の一部を国が負担してくれることになります。その金額としては年度ごとに変更がなされているものの、1kwあたりの設備の額が2万円~41万円までのものであれば1kwあたり2万円、41万円~50万円までのものであれば1.5万円という設定がされています。

地方公共団体が給付する補助金

この国の行っている補助金の制度に加えて、各地方公共団体においても独自で補助金の制度を制定しています。その補助金の額はその公共団体によって変動するものの、国の行う補助金のようにその設備にかかる費用によって金額が定められています。そして、この地方公共団体が給付する補助金は国が給付する補助金と別口で貰うことができます。一部の地域であれば、からの補助金、都道府県からの補助金、市町村や区からの補助金と3段積みの方式で補助金をもらうことができますから、その額はとても大きなものになるのです。

これらの補助金を申請することによって、場合によっては50万円以上の補助金を受け取ることが可能になることもあります。これだけの補助金を受けることができれば、その初期費用を大きく減らすことにも繋がりますから、太陽光発電の導入におけるコストは実質のところ思っていたよりも少なくて済むということになるのです。これだけ多くの補助金が申請を行うだけで貰えるのですから、太陽光発電を導入する敷居を低くするためにも、忘れることなくしっかりと補助金の給付母体に申請を行うことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク