国が”補助”するのには必ず理由がある

補助金制度を用いてでも、普及したい理由とはなんでしょう

環境への影響を考えたクリーンエネルギーを推進しています。

太陽光発電設備を自宅に導入する際に、その初期費用を国が補助金と言う形でサポートしてくれる仕組みをご存知でしょうか。設備の設置工事の際に国へと申請を行うことによって、その設備費用の額に応じて補助金が給付される仕組みになっています。しかし、なぜ太陽光発電の設備を導入することに対して国が補助金を出してくれるのだろうかという疑問を抱いた方も少なからず居ることでしょう。何事にも原因と結果があるように、国が”補助”するのには必ず理由があるのです。

太陽光発電設備を家庭に普及

その理由は大まかに言えば太陽光発電設備を日本国内の家庭に普及させるためです。国は近年になって一般家庭における太陽光発電の導入を増やすという計画を持って動いています。なぜそれが普及しなければならないのかという点については、今現在の電力生産方法について限界が見え始めていること、環境への配慮、そして先の原子力発電所事故などが考えられます。

環境へ与える影響

今現在の日本国内の電力供給は火力発電をベースとして原子力発電、水力発電、風力発電など様々な発電方法によってまかなわれています。水力発電や風力発電はそれほど環境に影響を与えることなく、またそれを稼働させるエネルギーも水力や風力という自然のものなのでコストは少ないですが、こと火力発電や原子力発電についてはその稼働に多くの燃料が必用になります。しかし、火力発電に使われている化石燃料はここ数十年で世界中から枯渇してしまうとさえ言われていますし、少量の燃料で発電を行える原子力発電であってもその燃料は有限的ですから長期的な使用を見込める発電方法ではありません。それに、火力発電はCO2を大量に排出すること、原子力発電は放射能の影響が危惧されることから環境においても良いものではないのです。

クリーンエネルギー

そのような国内における電力供給の背景を踏まえて、国としてはクリーンな電力生産を行える方法を推進することが急務になりました。その推進の一環となったのが、クリーンエネルギーである太陽光を活用した発電方法である太陽光発電の一般家庭普及です。水力発電や風力発電は大規模な設備を必要としますから、一般家庭で充分な量の電気を生産するそれらの設備を設置するのは不可能です。しかし、太陽光発電は太陽光パネルを屋根に乗せているだけで十分な電力生産を行ってくれますから、一般家庭で導入することが比較的簡単であるという特性があります。

太陽光発電設備を仮に日本国内に住む世帯全員が設置したとすれば、日本国内で使用される電力の約3割が供給可能であるという計算データもあります。これだけ大きな電力生産母体となる太陽光発電ですから、国が多額の補助金を給付してまでその推進に努めることも理解できるでしょう。このように国が太陽光発電設備を個人の家庭に導入することについて補助するのには、電力供給についての側面や環境への配慮としての側面など、とても大きな理由が存在しているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク