貴方の街の補助金の期限はいつまで?

地域によって異なる補助金制度の理解を深めよう

各補助金の申請期限をしっかり把握しましょう

太陽光発電の導入を行う際に、国や地方公共団体へ申請することによって補助金の交付を受ける事が可能になります。補助金は国や各地方公共団体のものがそれぞれ併給可能になっていますので、同時に申請を行うことが可能です。さて、この補助金ですが一般的にその申請を行う期限と言うものが定められてます。この期限を意識せずにその設備を導入してしまうと、補助金を受け取ろうと思っても申請受付を締めきられていて受理されなかったというケースも発生しかねませんので、期限の確認はしっかりとしておくことが必要です。貴方の街の補助金の期限はいつまででしょうか?

地方公共団体の補助金期限

一般的な地方公共団体の補助金期限はその年度終わり、つまり3月31日が期限であることがほとんどです。ただ、中にはその期限が前後している地域もあり、必ずしも年度末が申請を行える期限であるとは限りません。また、その年度内における補助金交付の要件として、太陽光発電設備の電力受給開始をした日付が大きく関係してくる場合があります。例えば、その地方公共団体の補助金交付の条件として12月31日までに電力受給を開始していることという条項があれば、たとえ同じ年度内であったとしても太陽光発電設備が設置され電力受給を開始したのが翌年1月1日であれば期限を過ぎていることになり、その年度における補助金の交付対象外になってしまいます。

補助金の期限による申請と受付

また、太陽光発電における補助金は期限がすぎれば申請できないだけではなく、その申込件数や補助金の支出が地方公共団体がストックしている予算をオーバーしてしまえば受付が締め切られてしまいます。太陽光発電の導入を希望している家庭は増大しているのですが、地方公共団体におけるそれらの家庭に交付される補助金の額に定めがあることから、多くの地方公共団体では申し込み期限に至る前に締め切りとなってしまうのも珍しくはないようです。

補助金の申請期間外

では、もし補助金の申請期間外に太陽光発電における電力受給開始を始めた場合、もしくはその補助金の申し込み可能件数にあぶれてしまった場合はどうすれば良いのかと思われるでしょう。このような場合であれば、翌年度の補助金交付制度へ申請を行うことで対応可能になるでしょう。しかし、各地方公共団体において太陽光発電の補助金交付はこれから先継続して行っていくと決まっている訳ではなく、毎年見直しを重ねながら継続するかどうかを判断していますから、貴方の住んでいる街で、必ず次の年度もその補助金制度が実施されるかどうかは分かりませんので注意しておきましょう

補助金申請の期限があるのは地方公共団体が担っているものだけではなく、国の補助を受けて行われている住宅用太陽光発電システム導入支援補助金についても同様に年度ごとに期限が定められています。ですから、貴方が住んでいる街で受けられる各補助金の種類はいつまでに申請を行うべきなのかその期限をしっかり把握しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク